トップ >教育> 高等教育機関における性格別R&D専従換算量の推移(1995-2011年)

高等教育機関における性格別R&D専従換算量の推移(1995-2011年)

 高等教育機関のR&D専従換算量では、基礎研究と応用研究が中心となっている。2011年、基礎研究が12.9万人/年、応用研究が15.0万人/年、開発研究が2.0万人/年となっている。 

※図をクリックすると、ポップアップで拡大表示されます。