浙江大学

概要

浙江大学

名称

中国語表記:浙江大学

日本語表記:浙江大学

英語表記:Zhejiang University

沿革

 浙江大学の前身は、1897年に建設された求是書院で、1928年に正式に国立浙江大学と命名された、中国で最も古い国立大学の一つである。1950年代初頭の全国的な大学再編の際に、浙江大学は複数の単科大学に分けられた。そのうち杭州市の4校(旧浙江大学、杭州大学、浙江農業大学、浙江医科大学)は1998年9月の統合で新たな浙江大学となり、数多くの学科を持つ全国重点総合大学となった。

キャンパスの数と所在地

 浙江大学は5つのキャンパス(玉泉、西渓、華家池、之江、紫金港)を有しているが、いずれも杭州市内にある。杭州市は上海市の南西に位置する浙江省の省都である。キャンパス全体の敷地面積は4.51平方キロメートルに及び、本部は紫金港キャンパスにある。校舎の建築面積は約194万平方メートルに達し、コンピュータセンター、分析・検査センターなどの先進的な教育・科学研究施設と、科学館、体育館、イベントセンターなどの各種公共サービス施設がある。図書館の蔵書数は約627万冊に達している。

学長プロフィール

林建華学長

 現在の学長は林建華(Lin Jianhua)である。1955年10月、山東省生まれ。1982年北京大学化学学部卒業、1986年同大学で博士号を取得。その後、ドイツのマックス・プランク研究所、米国アイオワ州立大学、エイムズ研究所でポスドクを務めた後、1993年6月から北京大学化学分子工程学院に戻り、化学学院院長、学長補佐、副学長、常務副学長などを経て、2010年12月に重慶大学学長に就任し、2013年6月に浙江学長に就任した。

 研究分野は固体化学であり、新型無機固体化合物の合成および構造などをカバーし、近年遷移金属複合酸化物、希土類-遷移金属間化合物の合成などに特化し、多くの業績を挙げている。中国教育部科学技術委員会副委員長、中国高等教育学会理科教育専門委員会理事長などを兼任。

学部、学科の概要

 浙江大学は7学部・37学院の体制を敷いている。学部・学科の構成は以下のとおりである。

  • 人文学部(人文学院/外国語言文化・国際交流学院/メディア・国際文化学院)
  • 社会科学学部(経済学院/光華法学院/教育学院/管理学院/公共管理学院/思想政治理論教育科学研究部)
  • 理学部(数学系/物理学系/化学系/地球科学系/心理・行為科学系
  • 工学部(機械工学系/材料科学・工学系/エネルギー工学系/電気工学院/建築工学院/化学工学・生物工学系/海洋科学・工学系/航空宇宙学院/高分子科学・工学系)
  • 情報学部(光電情報工学系/情報・電子工学系/制御科学・工学系/コンピュータ科学・技術学院/生物医学工学・計器科学学院/ソフトウェア学院)
  • 農業生命環境学部(生命科学学院/生物システム工学・食品科学学院/環境・資源学院/農業・生物技術学院/動物科学学院/農業試験ステーション)
  • 医学部(医学院)(基礎医学系/公共衛生系/臨床医学一系/臨床医学二系/臨床医学三系/口腔医学系/看護学系/薬学院)

学生数

 学生数は全体で44,269人に達し、そのうち博士課程学生数が7,737人、修士課程学生数が13,868人、学部生が22,664人である。傾向として、学部生数はほぼ一定で、修士と博士課程の学生数が増加している。2011年学部卒業生で、就職希望者の就職率は97%に達し、また海外への留学は20%、大学院への進学が34%となっている。

図4-1 学生数の推移(2007―2012年)

図4-1

出典: 2012年浙江大学統計公報

留学生数

 短期留学生を含めて、外国人留学生が5,163人に達している。毎年増加しており、特に学位取得を希望する留学生が増加している。

図4-2 留学生数の推移(2007-2012年)

図4-2

出典: 2012年浙江大学統計公報

教職員数

 図4―3に示すとおり、2012年末現在、教職員数は8,168人、そのうち教授が1,336人、准教授が1,371人である。

図4-3 教職員人数(2012年12月現在)

図4-1

出典: 2012年浙江大学統計公報

著名な卒業生

 下記の著名な科学者・研究者のほか、陳建功、蘇歩青、王淦昌、呉健雄、程開甲、銭三強、盧嘉錫、談家楨、趙九章等が浙江大学の卒業生である。

科学技術分野

 下記の著名な科学者・研究者のほか、陳建功、蘇歩青、王淦昌、呉健雄、程開甲、銭三強、盧嘉錫、談家楨、趙九章等が浙江大学の卒業生である。

  • 李政道(1926年-):物理学者。米国コロンビア大学教授。素粒子間の弱い相互作用において対象性が保たれないというパリティ対象性の破れに研究した結果が実証され、1957年度のノーベル賞物理賞を楊振寧氏と共同受賞した。
  • 貝時璋(1903年-2009年):生物学者。現代中国の生物学の先駆者として、生物物理学、放射線生物学、宇宙線生物学を開拓し、中国の生命科学と有人宇宙飛行に貢献した。
  • 竺可楨(1890年-1974年):気象学者。1910年に渡米し、イリノイ大学で農業、ハーバード大学で気象学を学んだ後帰国し、1936年に浙江大学学長となり、日中戦争中、大学の維持運営に努めた。1949年には中国科学院副院長に就任した。
政治家
  • 陳独秀(1879年-1942年): 中国共産党の創設者で、初代総書記。
  • 胡喬木(1912年-1992年): 新華社通信社長、中国共産党宣伝部副部長、中国社会科学院院長、中国共産党中央書記、中央政治局委員を歴任

関連資料


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468