トップ >教育中国国家重点大学> 西南財経大学

西南財経大学

大学名称 西南財経大学(Southwestern University of Finance and Economics)
ウェブサイト http://www.swufe.edu.cn/
主管部門 教育部 西南財経大学
本部
所在地
省・市 四川省
番地 四川省成都市光華村街55号
電話番号 028-87092227
面積(㎡) 土地 1,126,735
校舎 904,079
沿革 前身は、1925年創立の「上海光華大学」。1938年、光華大学の一部が成都に移転し1946年に「私立成華大学」となった。1960年、「四川財経学院」、「 四川科学技術学院」を設置し、これらを統合して1961年、「成都大学」が設立。1978年に「四川財経学院」に戻り、1985年から現在の「西南財経大学」となった。
特色 教育部直属の国家重点大学であり、中国政府の「211プロジェクト」で指定された重点大学。中国で最も長い歴史をもつ総合的な財経大学のうちの1校である。創 立当初は教育部と四川省が主管であり、1980年からは中国人民銀行が主管となった。中国西部地域における金融、経済分野におけるハイレベル人材育成の重要拠点であり、財経学科における国際交流の中心でもある。
学部・
大学院構成
金融学、保険学、証券学、経済学、工商管理学、会計学、財政税務学、統計学、経済情報工学、法学、経済貿易外国語、国際商学、公共管理学、マルクス主義学、経済数学、一般教育学、l / 人文学、国際教育学、継続教育学
大学付属病院
国家指定 211プロジェクト 985プロジェクト
予算(2016年、万元) 137,370
院士数(2016年) 中国科学院 中国工程院
学生数
(2016年調査時)
普通本科 15,897 普通専科
成人本科 5,075 成人専科 3,029
博士 966 修士 5,824
在校生合計 31,181
専任教員数
(2016年調査時)
正高級 251 副高級 492
中級 388 初級 156
その他 98 専任教員合計 1,385
研究活動
国家重点学科 工学:
(一級学科)機械工学
(二級学科)材料学
国家重点実験室
科学技術経費(2014年収入、千元)
国際交流(2016年調査時データ)
留学生数・寄宿舎数 留学生:700名
海外大学との交流
(協定校数)
約30の国・地域の約100の大学や金融機関、企業と広範な協力関係を構築している。米国オラクル(Oracle)と協力し、金融サービスセンターを設立した。英 国のAVIVA社とは「中国保険会計士訓練センター」を、また日本の岡三証券とは「金融実験室」を共同で設立した。このほか、シティバンク(Citibank)、HSBC、ス タンダードチャータード銀行(StandardCharteredBank)、オーストラリア新銀行(ANZBank)、ゴールドマン・サックス・グループ、三井住友海上保険、住 友商事とも協力関係を構築している。

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/5/30更新
「中国社会の上昇志向と日本社会の無力傾向の背景」

富坂聰が斬る!

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/4/25更新
「習近平主席の「核心」の意義」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/4/25更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(1)」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/5/25更新
「『一帯一路』と人民元の国際化」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/4/28更新
最新テーマ: ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

2017/5/12更新
「留守児童ケアは中国の重要課題 来日の公益団体代表詳細な実態報告」

中国の法律事情

New

2017/5/16更新
「人民法院の意外な役割」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/5/29更新
『歴史が未来を語る』―中国で活躍する日本人科学者・栗原博の述懐

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/5/22更新
「『志 青山に在り』から『人間 到る処 青山有り』へ―李白、蘇軾、釈月性」

中国実感

2017/5/11更新
「一台あればどこでも行ける! 中国で広まる携帯電話の多様な応用」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:51,333,333