トップ >中国関連書籍書評> 『問答有用 中国改革派19人に聞く』

書籍紹介:『問答有用 中国改革派19人に聞く』

書籍名:『問答有用 中国改革派19人に聞く

書籍イメージ
  • 著者: 吉岡 桂子
  • 出版社: 岩波書店
  • ISBN: 978-4-00-025318-5 C0039
  • 定価:  2,205円(本体 2,100円 + 税)
  • 種類・頁数: 単行本(ソフトカバー)、256ページ
  • 商品の寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • 発行日: 2013年11月26日

書評:吉岡桂子著「問答有用 中国改革派19人に聞く」(岩波書店)

馬場 錬成(中国総合研究交流センター 特任フェロー)

 中国の知識人、文化人、官僚、財界人、ジャーナリスら重層多岐にわたる19人にインタビューし、練達の筆致で活写した現代中国の実相を垣間見せた優れた本である。

 中国にはこのような人々がいることを知らせてくれたことで、13億の民を擁する大国への視点が広がったことは間違いない。中国の改革派と副題にあるが、19人の半分以上が共産党員であり体制の中で活動する人物である。

 たとえば原発大躍進に断固として反対する中国科学院の研究員は、原発の持っている危険性と福島原発の現状を指摘しながら「日本はもう新しい原発は作れないだろう」と言う。そして原子力は、今も昔も政治的であることを認めながら、この研究員は「中国政府に対して反対しているのではない。そこに意見を出している人々に反対している」のだという。このような科学者の真っ当な意見に対し「政府からの圧力はない」と語る。

 中国の急速な経済発展とそれがもたらすひずみについて、官僚も財界人も文化人もむろん認識してそれぞれの立場から課題を掲げ、解決策の提示も行っている。一党独裁の共産党政権運営は「課題先送りで政治の安定をはかってきた」との見解も主張するし、中国の金融システムのリスクファクターとしてあげられる「影の銀行」を支持する理由も述べられている。

 エール大学で教授をしている中国人は、中国の外交姿勢に対し「米国に対する不満や嫉妬が入り混じった複雑な感情を米国に直接言えない分、同盟国の日本にぶっつける面がある」との見解を語っているが、なるほどそういう見方もあることを知った。

 尖閣列島をめぐる日中の緊迫や反日デモについても、多くの人物に率直な質問を投げているが、インタビューに応じた中国人は総じて冷静であり跳ね上がった見方や考えは見られない。このような意見を披瀝されると、むしろ日本メディアの報道姿勢に危うさを感じさせられる。

 いま、中国に関する書籍や報道はおびただしく出ているが、どれもこれも一面的な現象報道が多く、巨大な中国社会を掘り下げては語っていない。時にはヒステリックに願望的に明日にも中国社会が崩壊するような中国のマイナーな面を強調する報道もある。

 そのような偏った中国観を正すインタビューにもなっており、中国人の奥深さを見せた本でもある。19人のインタビューの後に著者のコメントが語られているが、そこではこれらの人々の出自や活動の背景を解説しながら人物評に言及しており、この本の内容をいっそう厚くしている。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468