トップ >中国のあれこれランキング> ESI論文発表数及び被引用数ランキング

ESI論文発表数及び被引用数ランキング

出典:「中国科学技術統計年鑑」2008

 ESI論文発表数のランキング(1997年1月から2007年8月までの蓄積データ)では、米国は1位(286.4万本)、日本は2位(77.8万本)となり、中国は6位(47.2万本)となっている。

 論文の被引用回数について、米国は1位(3902.8万回)、日本は4位(661.3万回)、中国は13位(189.5万回)となっている。

表 ESI論文発表数及び被引用数ランキング
順位 論文数量(本) 被引用数(回) 被引用率(%)
米国 1(1) 2864275 39027838 13.63
日本 2(4) 777992 6612826 8.5
ドイツ 3(3) 738067 7935567 10.75
英国 4(2) 653177 7955521 12.18
フランス 5(5) 529636 5414557 10.22
中国 6(13) 471890 1894810 4.02
カナダ 7(6) 393143 4377986 11.14
イタリア 8(7) 371205 3594444 9.68
ロシア 9(18) 275945 1057928 3.83
原典:「Essential Science Indicators」(基本科学指標データベース)、1 997年1月~2007年8月31日の蓄積データにより 注:1.Essential Science IndicatorsSM は、Web of Science®のデータをベースに作成された、世界レベルでの分野ごとの研究動向、引用動向を提供するデータベースである。過去10年のデータを対象に、大学・研究機関などのランキング情報、高被引用論文( 被引用数が各分野トップ1%に入るトップレベルの論文)、論文評価のためのベンチマーク指標を提供する。
注:2.「順位」の( )内は論文被引用数の順位である。

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468