第8回研究会「中国の科学技術政策および基礎研究助成金配分の仕組み」/講師:姚建年(2008年3月25日開催)

 科学技術振興機構(JST)中国総合研究センター主催の第8回研究会は3月25日(火)JSTにて開催されました。

第8回研究会の様子

 中国自然科学基金委員会副主任(副大臣に相当)、中国科学院院士、JST・中国総合研究センターアドバイザリー委員会委員の姚建年(ヨウケンネン)氏を講師にお招きし、「中国の科学技術政策および基礎研究助成金配分の仕組み」についてご講演いただきました。

 姚氏は酸化チタン光触媒の反応を世界で最初に発見した藤嶋昭東京大学特別栄誉教授(現在、財団法人神奈川科学技術アカデミー理事長、JST中国総合研究センターセンター長)の東京大学工学部藤嶋昭研究室に1980年代後半に私費留学し、90年に修士、93年に博士号を取り、博士課程在学中に、科学誌「Nature」に論文が掲載されるほどの実績を上げました。95年帰国後、中国科学界のリーダーとして活躍、中国化学会秘書長、中国科学院化学研究所副所長、学術委員会副主任、第9期全国政治協商会議委員、中国科学院学位委員会委員、国家自然科学基金委員会工程・材料学部評価委員会審議員、中国科学院物理研究所表面物理国家重点実験室学術委員会委員等の要職を経て、2008年1月から現職に就き、3月開催の第11期全国人民代表大会で常務委員会委員、教育科学文化衛生専門委員会委員に選出されています。

姚建年(ヨウケンネン)氏

 同氏は講演の中で、2006-2020年までの今後15年間の中国の科学技術政策の根幹となる「国家中長期科学技術発展規画綱要」に掲げられた「発展目標」と「全体計画」を解説し、国が重点的に取り組む「重点領域」「重大特定プロジェクト」「基礎研究」の計画内容及び中国の基礎研究への財政投入や論文産出の推移などを分りやすく紹介しました。また国の自然科学基金の管理、基礎研究・人材養成プロジェクトへの助成金配分を主要なミッションとする国家自然科学基金委員会(NSFC)の組織体制、予算の推移、プロジェクト評議システム、プロジェクト類型別・学科別助成金配分の実績と成果などに触れ、2006‐2010年までの基礎研究プロジェクト・人材養成への助成金配分計画、並びに日本のファンディング機関JST、JSPSとの交流・協力など幅広い活動内容の紹介を行いました。 

 講演の後、活発な質疑応答が行われ、藤嶋昭センター長の閉会の挨拶で締め括られました。 研究会には、官公庁、大学、研究機関、企業、報道機関、及びJSTなど多数の関係者が参加しました。

 江雷教授ら3名の方は、2006年12月北京で開催された「藤嶋昭教授を囲む日中研究交流会」に参加し、光触媒における研究成果を発表されています。今回の講演は、その後の光触媒研究の成果や中国の最新の研究動向を日本の関係者に知らせる良い機会となりました。

 研究会には、官公庁、大学、研究機関、企業、報道機関、及びJSTなど多数の関係者が参加しました。今回の講演記録は、別途整理の上、中国総合研究センターのホームページに掲載する予定です。

(中国総合研究センター フェロー 内野秀雄 記)


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468