第14回CRCC研究会「日中大学間交流」/講師:高部英明(2009年3月11日開催)

 科学技術振興機構(JST)中国総合研究センター(CRC)主催の第14回研究会は3月11日(水)JSTにおいて開催された。

第14回研究会 画像1

 講師を務めたのは、島根大学・寧夏大学国際共同研究所日本側所長井口隆史教授と大阪大学レーザーエネルギー学研究センター高部英明教授である。

第14回研究会 画像2

 井口教授は「島根大学・寧夏大学両大学の研究交流の歴史と国際共同研究所」というテーマで講演した。島根大学と寧夏大学との研究交流は1987年に始まった。以来20年余、交流は継続して、研究者間の交流から、島根大学と寧夏大学(大学間)、島根県と寧夏回族自治区(県区間)、浜田市と銀川市、松江市と石嘴山市(自治体間)のそれぞれの交流協定締結にまで発展している。2004年には、日本国際協力銀行の「内陸部・人材育成事業」の一環として国際共同研究所を設立した。近年、日本の多くの大学が競って中国に進出しているが、そのほとんどは東部沿岸域に集中していて、西部には皆無に等しい中にあって、この国際共同研究所は唯一西北部に立地するものであり、西部の変化に日常的に接し、誰よりも詳しく観察できる有利さを持つ研究所であると井口教授は述べた。

第14回研究会 画像3

 続いて、大阪大学の高部教授は「アジア連合は日中の科学者から」というテーマで講演した。高部教授はアジア太平洋物理学会連合の理事であり、中国国家天文台の名誉教授および上海交通大学の客員教授も務めている。同教授は当時中国科学院物理研究所副所長、現在上海交通大学総長の張傑教授と2002年運命的出会いがあった。その後、張傑教授と大型レーザーを用いた「実験室宇宙物理」の共同研究を開始し、学振とNSFCの援助を受けて大阪と上海で共同研究実験を実施し、その成果を複数の論文にまとめて権威ある学術誌に投稿し掲載されたと語った。高部教授は科学技術の分野で日中共同事業を推進することで、日本の研究所が活性化するという観点も重要であると強調している。

第14回研究会 画像4

 講演後の質疑応答では活発な議論がなされた。最後に中国総合研究センターセンター長・藤嶋昭による挨拶により閉会した。

 研究会には、日本の官公庁はじめ、マスコミ、研究機関、JST関係者など多くの参加を得た。また、内モンゴル出身の多くの研究者の参加を得たことを特記しておきたい。

(中国総合研究センター フェロー 米山春子 記)


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468