第28回CRCC研究会「低炭素社会の構築に向けて」/講師:小宮山宏 (2010年4月2日開催)

 科学技術振興機構(JST)中国総合研究センター(CRC)主催により、4月2日(金)「低炭素社会の構築に向けて」をテーマとする第28回研究会が開催されました。

study28

 昨年12月コペンハーゲンで開催された気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)は大変な注目を集めました。気候変動、石油資源枯渇などの環境危機の克服は地球全体の課題になっています。今 回は株式会社三菱総合研究所小宮山宏理事長をお招きし、「これらの問題に直面する日本はこれからどうすべきか?」「発展途上の中国とどう協力していくか?」についてご講演いただきました。

study28

 小宮山氏は1967年東京大学工学部化学工学科を卒業、72年同大大学院工学系研究科化学工学専攻博士過程を修了。博士博士。1988年東京大学工学部教授、2000年工学部長、大学院工学系研究科長、2 003年副学長などを経て、2005年4月に東京大学第28代総長に就任。2009年3月に総長退任後、同年4月から三菱総合研究所理事長、東京大学総長顧問に就任されました。また、2009年12月、科 学技術振興機構(JST)低炭素社会戦略センター長にも就任されました。専門分野は化学システム工学、地球環境工学。主な著書に「地球持続の技術」(99年、岩波書店)、「東大のこと教えます」(2007年、プ レジデント社)、「『課題先進国』日本―キャッチアップからフロントランナーへ」(2007年、中央公論新社)などがあります。

 講演において、小宮山氏は、まず普及型需要と創造型需要について説明されました。車や家、テレビなどの普及型需要は普及し始めると5年から10年で飽和状態に至ります。飽 和状態に至った先進国は途上国に需要を求めますが、途上国でもいつかは飽和に至ります。先進国では内需拡大のために創造型需要の創出が必要になること、日 本は技術のある国だから創造的需要を生み出すべきであること、イノベーションとは現実と理論間のギャップを埋めることであることなど非常に興味深い示唆がなされました。また、有限の地球、高齢化する社会、爆 発する知識という3つのキーワードで代表される21世紀のパラダイムにおいては、新しいニーズに応じた新産業の創出が重要だというお考えを示されました。有限の地球に対しては、エネルギー効率を上げること、つ まり、現在の生活を維持または向上しつつも使用するエネルギーを削減することに努めるべきだという考えを示され、その方法論について説明されました。日本企業は既に開発努力を重ね、日本の製品や製造業、いわゆる「 ものづくり」におけるエネルギー削減はほぼ限界に近いが、一方で、人々の意識や考え方が変わり低エネルギー商品を導入することによって「日々のくらし」におけるエネルギー削減はあと13%可能であること、こ れと他分野での削減を合わせれば、昨年鳩山首相が提唱した25%削減は可能だというお考えを示されました。最後に、小宮山氏が現在取り組んでいるプラチナ構想ネットワーク(プラチナ社会研究会: http://platinum.mri.co.jp/#ie)に ついても説明をされました。

study28

 講演後の質疑応答では活発な意見交換が行われました。中国総合研究センター角南副センター長の挨拶により閉会いたしました。

 今回の研究会には、民間企業、大学、官公庁、報道機関から200名以上というかつてないほどたくさんの方々にご聴講いただきました。今後とも皆様のお役に立てるような各種研究会を企画、開 催して参りますので、引き続き温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。

(中国総合研究センター フェロー シンジャワ 記)


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468