第59回CRCC研究会「円・人民元直接交換取引の開始とアジアの通貨戦略」/講師:露口洋介(2013年4月18日開催)

演題:「円・人民元直接交換取引の開始とアジアの通貨戦略」

開催日時・場所

2013年 4月18日(木)15:00-17:00

独立行政法人科学技術振興機構(JST)東京本部別館1Fホール

講演資料

円・人民元直接交換取引の開始とアジアの通貨戦略」( PDFファイル   476KB )

露口 洋介

露口 洋介(つゆぐち ようすけ)氏 :
信金中央金庫海外業務支援部上席審議役
/財務省日中金融協力アドバイザー

略歴

1980 年東京大学卒業、日本銀行入行。外務省出向・在中国大使館書記官、香港事務所次長、初代北京事務所長などを経て、2011 年4 月より現職。 著書・論文に『中国経済のマクロ分析』(共著/日 本経済新聞社/2006年)、『東アジア地域協力の共同設計』(共著/明治大学軍縮平和研究所/2009年)、論文に「中国人民元の国際化と中国の対外通貨戦略」(『国際金融』)、「円・人民元の直接取引開始」( 日本経済新聞「経済教室」)など多数。

講演レポート

 露口氏は、日銀の初代北京事務所長として勤務した経験などを基に早くから円・元直接交換取引を提案していた。財務省日中金融協力アドバイザーとして、日中の交渉にも関わる。2011年12月、野 田佳彦首相(当時)と中国の温家宝首相(当時)による会談で「日中両国の金融市場の発展に向けた相互協力の強化」という合意が成立した。これによって「円建て・人民元建ての貿易決済」「円・人 民元間の直接交換市場」などの道が開け、翌2012年6月1日、東京と上海で、銀行間為替市場における円・人民元直接交換取引が始まった。

 露口氏は、円・人民元直接交換取引が、米ドル過剰依存によるリスクの軽減、通貨の多様化を望む日中両国の利益につながるという意義を持つことに加え、人 民元の国際化を望む米国からも賛同を得ていることを強調した。

 「アジア各国は、アジア通貨危機、リーマン・ショックの経験を経て米ドル、米銀への過度の依存に対する危機感が高まった。『円でもよい』と いう通貨多様化を望む機運が盛り上がっているこの機を見逃す手はない。」氏は、日中で実現したことをアジア全体に広げることを提言した。

画像


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468