トップ >イベント情報> 第104回CRCC研究会「外国人留学生の受け入れと日本経済・日本企業に対する貢献に関する調査報告」(2017年5月31日開催/講師:柯 隆)のお知らせ

第104回CRCC研究会「外国人留学生の受け入れと日本経済・日本企業に対する貢献に関する調査報告」(2017年5月31日開催/講師:柯 隆)のお知らせ

科学技術振興機構 中国総合研究交流センター第104回研究会のご案内

各位

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さてこの度、科学技術振興機構 中国総合研究交流センターでは、第104回研究会を下記のように開催いたします。

 次世代の人材育成に向けて、いま各国で人材獲得競争が展開されています。とくに中国は人材の宝庫といわれ、毎年50万人以上の学生が海外に留学しています。か つて日本はこうした留学生の最大の受け入れ先でしたが、近年は欧米に向かう学生の数が圧倒的に増えました。
マクロ経済の専門家としても知られる富士通総研経済研究所主席研究員の柯隆先生は、これまで日本が受け入れてきた中国等からの留学生の実態を調べるとともに、日 本経済に果たした役割をデータに基づき評価いたしました。
今回の研究会では調査結果をご報告いただくとともに、世界的な人材獲得競争の中で、日本の政府や企業がどのような施策で臨むべきか、戦略的なご提案をいただきます。
皆様のご参加をお待ちしております。

演題:
「外国人留学生の受け入れと日本経済・日本企業に対する貢献に関する調査報告」

講演概要

 近代以降、世界で資源、技術、情報などをめぐり激しい競争が繰り広げられてきた。ときには、その競争は戦争に発展した。これから世界でどのような競争になるのだろうか。2 1世紀において世界各国は人材をめぐる競争に突入すると予想される。高度な人材こそ世界でもっとも貴重な資源である。日本では、外国人留学生の受け入れを、日 本社会における少子高齢化を理由に議論されることが多いが、明らかに次元が違い過ぎる。すなわち、日本経済と日本企業はさらなる発展を成し遂げるためには、多様な人材、しかも高度な人材を確保する必要がある。世 界で今まで留学生を派遣してきた国も留学生の受け入れに力をいれはじめた。その典型例は中国と韓国である。海外から高度な人材を引き付けるには、奨学金の充実や日本企業に給与などの待遇の改善だけでは、不 十分である。今回の調査で日本の外国人材の受け入れに関する包括的な戦略について提言することにする。

柯 隆氏

柯 隆(か りゅう)氏: 富士通総研経済研究所 主席研究員

略歴

 1963 年中国南京市生まれ。
1988 年来日、愛知大学入学。1992 年愛知大学卒業、1994 年名古屋大学大学院修士課程修了(経済学)。長銀総合研究所研究員を経て、1998 年富士通総研経済研究所主任研究員。2 006 年から現職。静岡県立大学グローバル地域センター特任教授と広島経済大学特別客員教授を兼務。科学技術振興機構中国研究交流センターステアリングコミッティ委員。国際経済交流財団Japan Spotlight編集委員。専門は中国経済論、開発金融。
著書に、『爆買いと反日-中国人の不可解な行動原理』(時事通信社、2016 年)、『日系自動車メーカーの中国戦略』(東洋経済新報社、2015 年)、『暴走する中国経済-腐敗、格差、バ ブルという「時限爆弾」の正体』(ビジネス社、2014 年)、『中国が普通の大国になる日』(日本実業出版社、2012 年)など多数。また、多様なメディアで積極的に中国情勢について発信されている。 

スタッフ紹介
趙 瑋琳(ちょう いーりん)氏: 富士通総研 経済研究所 上級研究員

略歴

 1979年中国遼寧省生まれ。
2008年東京工業大学大学院社会理工学研究科修了(博士(学術))、早稲田大学商学学術院総合研究所を経て、2012年9月より現職。
現在、University of Jyväskylä(在フィンランド)のResearch Scholar(研究学者)、麗澤大学オープンカレッジ講師を兼任。
イノベーション、都市化問題、地域などのフィールドから中国経済・社会を研究。
「中国イノベーション事情」に関する連載(日刊工業新聞電子版)や、「イノベーションの重要性が高まる中国の動向と課題」、「中国の「双創」ブームを考える」、「中国の都市化―加速、変容と期待」、「 イノベーションを発展のコンセプトとする中国のゆくえ」、「ソーシャル・イノベーションの仕組みづくりと企業の役割への模索」など論文多数ある。

日 時: 2017年 5月31日(水)15:00~17:00(14:30より開場・受付開始)

言 語: 日本語

会 場: 科学技術振興機構(JST)東京本部別館1Fホール

〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K's五番町 ( 市ヶ谷駅からの道順

map

お申し込み

【お申込みへ】ボタンよりお申込み画面へお進みください。

※参加は無料ですが、事前登録された方に限らせていただきます。

※WEB登録されますと「第104回CRCC研究会​(2017年5月31日開催)登録完了のお知​らせ」メールが自動返信されますので、プリントの上、研究会当日に受付までお持ちください( 必須ではありません。)

お申し込み

お問い合わせ
国立研究開発法人科学技術振興機構 中国総合研究交流センター
E-mail: crc mail
TEL:03-5214-7556  FAX:03-5214-8445


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

2017/3/23更新
「徴税と公益的寄付」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/3/28更新
「建窯」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,374,131