第25回中国研究サロン 中国研究所共催「19回党大会後の中国」(2017年11月11日開催)

演題「19回党大会後の中国」

開催日時・場所

2017年11月11日(土) 13:30 - 16:30

科学技術振興機構(JST)東京本部 B1Fホール

講演レポート:後日掲載予定

【報告Ⅰ】「中国共産党第19回大会後の習近平政権の動向」講師:金子 秀敏 氏

講演要旨:中国共産党の第19回大会で「習近平の新時代の中国の特色のある社会主義思想」が党規約に追加され、「習近平の新時代」が幕あけした。新時代の目標は、2049年の「建国百年」に「 現代化社会主義強国」を実現するというもので、21世紀版の大躍進政策といえる。習近平総書記の党大会報告をもとに今後の中国の動向を読む。

金子秀敏氏

金子秀敏: 毎日新聞客員編集委員

略歴

1948年 東京生まれ
東京外国語大学中国語科卒、毎日新聞社に入社
政治部記者などを経て
1988年から6年間北京支局記者として天安門事件等を取材、
1996年から2年間 香港支局長として香港返還、台湾総統選等を取材
その後、論説副委員長、専門編集委員などを経て定年退職。現在、毎日新聞客員編集委員として
「サンデー毎日」等に寄稿。
1972年頃 中国研究所中国語研修学校の夜間クラスに在籍

【報告Ⅱ】「共産党大会後の中国経済をどう見るのか?」講師:齋藤 尚登 氏

講演要旨:習近平政権の経済政策運営の特徴は、漸進主義と力づく(強権)である。

 最重要改革に国有企業改革などがあるが、拙速な改革は経済を混乱に陥れるリスクがあり、これは「漸進的」でなければならない。

 一方で、規制強化や監督管理の強化など力づくで政策を実現するケースが増えているが、その濫用はいずれ経済の勢いを削ぐことになる。

 党大会後の中国経済をどう見るのか、報告したい。

講演資料:共産党大会後の中国経済をどう見るか」( PDFファイル 744KB )

齋藤尚登氏

齋藤尚登: 株式会社大和総研主席研究員、経済調査部担当部長

略歴

山一証券経済研究所を経て、1998年に株式会社大和総研入社。
2003年~2010年に北京駐在。7年3ヵ月にわたる北京滞在中は、現地エコノミスト・ストラテジストの
交流を積極的に行い、中国経済と株式市場制度などについて情報を発信。
帰国後、2015年より主席研究員、経済調査部担当部長

プログラム

司会 山田 賢一 氏:中国研究所理事、NHK放送文化研究所

開会挨拶 13:30~13:35

報告Ⅰ 13:35~14:35

休憩(5分) 14:35~14:40

報告Ⅱ 14:40~15:40

休憩(10分) 15:40~15:50

質疑・応答 15:50~16:30


中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/11/6更新
「EVの未来」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/10/12更新
「2017年上半期の国際収支の状況」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

2017/10/31更新
最新テーマ: 製造技術

取材リポート

New

2017/11/10更新
「次の目標は米国を超えること 胡鞍鋼清華大学教授記者会見」

中国の法律事情

2017/10/18更新
「民法典は異彩を放てるか?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/11/8更新
「グラフェン研究に懸けるイノベーション創出」

日中の教育最前線

2017/11/7更新
「『双一流』の発表について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,973,833