【17-07】福建商人を支えてきた、福建人の物作り

2017年 3月 2日  川田 大介(アジア太平洋観光社)

 福建省の商材と言えばやはり「お茶」だろう。烏龍茶の故郷とも言われる福建省では、今でも様々な種類のお茶が作り出されている。しかし、実はお茶以外にも福建省には素晴らしい商材があるのだ。

 ここではお茶の話には触れず、福建省の素晴らしい商材「工芸品」に目を向けていきたいと思う。福建省工芸博物館に行くと、そこにある様々な工芸品の素晴らしさには思わず息を飲み込んでしまうだろう。 

 僕が特に目を奪われたのが、泉州市木彫芸術博物院で見た「仏像彫刻」だ。僕は仏像彫刻というと、木彫りで木目の見える像を想像し、それのみを美しさと捉えがちであったのだが、石 や草などの天然染料を使って彩色された観音菩薩に、今までの考えを改めざるを得なかった。そもそも、日本の仏像彫刻も彩色されていたのは多かったのだろうが、長い年月で色が褪せ、そ れに慣れ親しんできた僕からすると、彩色されたばかりの仏像など、想像もつかなかったのだ。

 寿山石彫刻や、書画、人形劇の人形や、漆画等、挙げたらキリが無い福建省の工芸品。なぜこれほどの職人や、今では作り出すことが出来ないような素晴らしい作品がこの地に残っているのだろうか。中には、今 も研鑽がされ、進化し続けている技術もある。もちろん、その全てが手作業による作品だ。ランタンづくりもその一つだ。

 中国の祭りというと、赤いランタンや中国結びの紐、黄色と赤を基調にした豪華絢爛の飾り付けを思い浮かべる人も多いだろう。ランタン作りといえば四川省が有名だが、福 建省にも面白い特徴をもった独自のランタンが三種類ある。

 一つは竹でフレームを作り、その周りに素材を付けていくことで、複雑な造形を可能にしたランタン。一つはフレームが無く、パネルを組み合わせて作るタイプのランタンで、パ ネルに細かく穴を開ける事でここから光を漏らすようにしている。一つは窓に特徴のあるランタンだ。このランタンの窓を見ると、まるで中に細長い蛍光灯のようなライトを仕込んでいるようだが、実は、中 のランプは球体で、窓に仕掛けられた細い棒が光を屈折させて、球体を細長く見せている。

 この3種類の独自の技術を組み込みながら、福建省のランタン作りは行われている。もちろん、こういう物は全てが手作業の一品物ばかりではないが、今でも福建省にはランタン作りの人間国宝がいる。今回、縁 あって李珠琴さんの元を訪れる事が出来たのは、本当に幸いだった。

図

写真1 李珠琴さんが作ったランタン

 様々な方に福建省の物作りについてお聞かせ頂いたが、福建省の物作りというのは、一つの技術から成り立っている訳ではない。優れた工芸品を作り出す事が出来る職人は、様 々な技術の集大成としてそのジャンルに属しているだけで、実は多くの技術に精通しているという職人が、あまりにも多いのだ。何かを繋げ、一つの形を作り出すためには、多くの知識と技術が必要で、創 作の渇望の為にそれを自然に吸収しながら、職人達は技術を磨いてきたのかもしれない。

 ランタン作りの人間国宝である李珠琴さんは、優れた紙彫刻の技術者でもある。優れた竹細工の職人でもあり、優れた設計士でもあり、優れた絵描きでもあるのだ。そ の全ての技術を駆使して一つのランタンを産み出す。それが、素晴らしくない訳ないだろう。福建省のランタン職人で人間国宝として認められているのは、現在では彼女一人なのだという。

図

写真2 ランタン作りの人間国宝、李珠琴さん

 中国の産業も、年々変化していっているのだ。人工知能の発達で、職人の感性もいつしか機械に取って代わられる時代も来るかもしれない。しかし、人の手作業により産み出される物の魅力は、き っとその時代でも色褪せない物であると願いたい。少なくなりつつある職人を育てる為に必要な「技術を育む産業」を蘇らせる方法は、福建商人や華僑の歴史の中から見つけ出せるのかもしれない。


※出典:「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」『CKRM』vol.04(2016年7月),pp.23-25,アジア太平洋観光社。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/12/5更新
「中国人が抱く、日系企業のイメージ」

科学技術トピック

New

2017/2/28更新
最新テーマ: 鉄道技術

取材リポート

New

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

2017/2/23更新
「中国現地法人の抹消登記手続が簡易に」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/2更新
「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」

中国実感

2017/2/17更新
「刺激の絶えなかった、中国での研究生活」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,545,802