【07-14】新中間層が牽引する中国市場

徐 向東(株式会社中国市場戦略研究所代表)  2007年10月20日発行

 中国沿海都市部は高度大衆消費時代を突入し、北京、上海、広州とその周辺地域は所得向上に従い、消費生活には革命的な変化が起き、高品質なライフススタイルを追究する消費志向が広がっている。

 とりわけ中間層の人口規模が拡大し、現在は全就労者の約16〜18%を占め、2億人規模まで拡大しており、このまま推移すると、2020年に中間層が全人口の約35〜40%を占めるようにいたる。

image

 1990年代後半から急速に台頭した中間層のほとんどが20〜30代。彼らは、日本の団塊世代にみられる「やる気・パワー」と団塊ジュニア世代にみられる「高い情報処理能力・感性」を兼ね備える中国の「 新中間層」である。

 しかし最近になって、新中間層は年齢的に30〜40代に移行し、経営管理や専門技術などの重要なポジションにつくようになった。高成長が続くなか、仕事のプレッシャーが増え、心身の健康に寄与し、さ らに落ち着いた高品質のライフスタイルを求めるようになってきた。

image

 「行け行けドンドン」から「癒し・安全・安心」へと変わる中国の消費変化は、「環境にやさしい」「健康増進に寄与する」に長らく取り掛かってきた日本企業にとってまさに市場チャンス拡大の好機である。

 第二の時代のもうひとつの象徴的な変化は一人っ子世代という新たな消費主力層の誕生である。15〜27歳の一人っ子世代が2億8000万人を超え、デジタル製品やファッションの消費をリードしている。

 近年、日本企業が中国でのブランド力が低下し、販売力が弱まっている。その理由は、日本企業の中国マーケティングをサポートするコンサルティング機能の不在と迅速な意思決定機能の欠如などが考えられる。日本企業の最大の課題は1.販売力の向上、と2.ブランド力の向上である。そのために、販売体制の構築と 現地優秀人材の活用に力をいれ、さらに、エモーショナル( 感情)要素の導入や「顔」の みえるPRなどによって、企業ブランドの強化を図る必要がある。そし て何よりも重要なのは、「最新技術や最新製品で、中国の経済発展や国民生活の向上に貢献している」と積極的にアピールすることである。

 北京五輪と上海万博後の中国における最も確率の大きいシナリオは、「貧富格差が解消しないが、安定成長が続けていく」ことであろう。巨大市場中国で勝つた めには強い製品力を生かしながら、現 地適応力を構築する必要がある。販売ネットワークを構築し、現地社員のモチベーションを強化する体制作りにもこれから ますます必要とされるのであろう。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468