トップ >コラム&最新事情取材リポート> 資料2 JICA派遣の専門家が語った現地の活動状況

資料2 JICA派遣の専門家が語った現地の活動状況

 日中技術協力プロジェクトである「中国持続的農業技術研究開発計画」でJICAから派遣された5人の専門家は、濯 院長とインタビューした建物から5分とかからない研究棟で研究に取り組んでいる最中だった。  これまで日本から来た研究者は、作物育種、土壌肥料・節水、病害虫防除、情報技術、総合研究などの分野で研究開発、指 導調査にあたってきた。いずれも中国側から高い評価を受けている。 

photo

 研究の一端を語ってもらった。たとえば小麦、大豆、トウモロコシを対象にした環境ストレスの耐性、利用特性に関する品種の評価、選抜技術の研究開発だった。ま た肥料を減量させるために各種の肥料の試験も行った。肥料が過剰に使われると河川の汚染につながる。収穫を期待してどうしても肥料を使いすぎるケースが多かった。 

 黒龍江省では大豆の連作の障害について研究してきた。連作によって害虫の寄生が増えたり土壌の病害が多発していた。こうした実態調査を通じて栽培の改良に取り組んだ。アブラムシの発生抑制では、天 敵のテントウムシを利用したり、イネの葉を食い荒らすイネミズゾウムシの退治には、特殊な菌を感染させて退治した。 

 また遠隔地から農業現場を監視するモニタリングシステムでも大きな効果をあげた。黒龍江省のハルビン市の総合研究基地にフィールドサーバを設置し、北 京のセンターでリアルタイムで研究基地の農業環境をモニタリングできるシステムを構築した。 

 取材に応じたJICA派遣の専門家は「中国に農業技術を移転したり、こちらの研究者らと一緒になって研究開発した成果は、高く評価された」と満足した表情だった。 


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339