【10-03】スピーチコンテスト必勝法

2010年 6月29日

寺岡 伸章

寺岡 伸章(てらおか のぶあき):
独立行政法人理化学研究所 中国事務所 準備室長

1956年10月生まれ。東京工業大学総合理工学研究科電子化学専攻、修士学位。

1982年 科学技術庁入省
1993年 動力炉・核燃料開発事業団北京事務所次長
1994年 科学技術庁研究情報ネットワーク企画官
1996年 科学技術庁大型放射光施設推進室長兼基礎研究企画官
1997年 郵政省国際協力課企画官
2000年 タイ王国国立科学技術開発庁長官顧問
2001年 国立極地研究所事業部長
2005年 独立行政法人理化学研究所総務部主幹
2006年 独立行政法人理化学研究所中国事務所準備室長
2007年 独立行政法人科学技術振興機構中国総合研究センター・フェロー(兼)

 2010年6月26日、広島大学北京研究センター主催の「2010日本語作文スピーチコンテスト」の発表会を聞く機会に恵まれたので、ひとりの聴衆として感想を述べるとともに、来 年以降参加される学生のために非公式の必勝法を伝授したいと思う。

photo1

 このスピーチコンテストは中国各地の大学の日本語学科の学生が教授の指導の下でテーマ「平和」に即して作文し、その作文の事前審査をパスした五名の優秀者による発表であった。審 査員は広島大学の教員三名が務め、最優優秀選手二名が選ばれた。五名スピーカーすべてが女子学生であったのは少し寂しい。男子学生の奮起を期待したい。

 事前審査に提出された作文が六百篇という多数に達したのは、中国における日本語学習ブームを実証するものとなった。五年前の反日デモを契機とした日本語学習の沈滞を振り返るとまさに隔世の感がある。日 本のアニメや漫画が日本語学習のきっかけになったという学生が多いことを考えると、日本はソフトパワーの国際社会での影響力を再認識した方がいいと思われる。

 発表者のスピーチは発表文をすべて暗記しているとはいえ、中国語訛りもほとんどなく完成度の高い日本語だった。わずか数年の日本語学習を経てこれほどまでに外国語をマスターできるのは、中 国人の語学能力の高さを改めて見せ付けられたような気がする。

 さらに、多くの日本人は日本語は難しいと信じているが、実は比較的易しい外国語であると私は思っていたが、その思いを深めた次第である。外国語はコミュニケーションの手段と考えると、語 学学習にもっとも大切なことは発音である。日本語のように発音の要素が少ない言語は珍しい。外国人の日本語学習者にとっては楽なはずだ。さらに、日本語は「てにをは」を単語の後に正確につければ、語 順を自由にしても相手に通じるというメリットも見逃せない。日本語は易しい言語であるという宣伝をもっとすべきである。

 さて、五人の学生の日本語はほとんど完璧であったにも関わらず、何が差を生んだのか考えてみたい。

 今回のテーマは「平和」である。抽象的すぎて、どのようにでも書けそうであるが、意外と難しい。常識的に考えてみて、「平和は大切でない」という人はいない。どんなスピーチをしても結論は「 平和は尊いものだ、大切にしよう」に行き着かざるを得ない。そうすると題材やプロセスが重要になってくる。

 最優秀者の二人は私が予想した者が選ばれた。福建師範大学の高薇さんは、日本語を教えてくれた日本人講師の方々の教え方の特徴をうまくとらえて発表し、彼らは日本語を通じて平和の種を撒いている、と スピーチした。高薇さんは自分の経験を掘り下げ、一貫して日本語教師たちの教え方を日中文化の差も織り交ぜながら愉快に描写している。

 スピーチに勝つには審査員や聴衆を感動させなければならない。そのためには、「話題の一貫した掘り下げ」が必要だ。話題がいろいろと拡散していては聴衆を感動させることができない。

 厦门大学の馬薇さんも題材が一貫していた。怖そうな曾祖母から聞いた戦争体験を克明に語り、曾祖母の経験を通じて、平和を守るためには過去の教訓を覚えておき、かつ腹を割って話し合うべきだと結んだ。馬 薇さんは曾祖母の経験を詳細に語ることで、聴衆を惹きつけていた。

 この二人のスピーチは自分と他人(曾祖母)の経験の違いはあるものの、ひとりの経験を深く追及したいという点では同じアプローチである。

 さらにつけ加えると、スピーチは聴衆を感動させるものであるので、笑顔で抑揚をまじえて語りかけるように話さなければならない。発表者の気持ちを聴衆に伝達させる必要があるのだ。

 「一貫した題材」と「心の伝達」のふたつがスピーチコンテストの必勝法である。(2010年6月28日)


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339