【15-15】武昌理工学院の廖琦さんが優勝―全中国選抜日本語スピーチコンテスト

2015年 7月24日 中国総合研究交流センター編集部

 中国の大学生たちによる「第10回全中国選抜日本語スピーチコンテスト」(日本経済新聞、中国教育国際交流協会、日本華人教授会議共催)が7月21日、東京・大手町の日経ホールで行われ、武昌理工学院の廖琦(りょう・き)さんが優勝した。

写真

写真1 優勝した武昌理工学院の廖琦(りょう・き)さん

 主催者側の発表によると、同コンテストの予選には中国の181大学で日本語を学ぶ7000人を超える学生が参加し、この日の本選には16人が来日して出場。「日中交流の未来予想図―チャンスとチャレンジ」「スマホで得たものと失ったもの」という2つの課題テーマのうち1つを選び、5分間にわたってスピーチを行い、その後の簡単な質疑応答も合わせ、日本語の表現力や発音を競い合った。

 本選出場の16人の大学生(男性5人、女性11人)は、厳しい予選を勝ち抜いただけあって、いずれも正確な日本語でスピーチを行い、審査委員は甲乙をつけるのに苦慮したという。が、この中で、廖さんは「日中交流の未来予想図―チャンスとチャレンジ」をテーマにして話を進め、日本のアニメや日本のアイドルなどに興味を抱いたことや、ネットでの交流を通して「国と国の距離がぐっと狭まっている」と実感したことなどを披露。「相手国に対する誤解を解いていくことが(日中交流の未来を開くための)チャレンジだ」と訴えた。また、廖さんは司会者からの「おもしろいと思った日本語は?」との質問に対し、「方言」と答え、「感謝の意味の(京言葉である)『おーきに』がおもしろく、気に入っている」と語った。

 審査委員長の立石博高氏(東京外国語大学学長)は今回のコンテスト総評の中で、廖さんが1位に選ばれた理由について「自分の目で知る、耳で聞く重要さを訴え、方言の豊かさを引用するなど、日本語能力、理解力の高さを感じた」と語った。廖さんには優勝タテと表彰状、賞金10万円が与えられた。準優勝は2人で、江南大学の陳天泓(ちん・てんおう)さんと北京外国語大学の杜雨萌(と・うほう)さんが選ばれた。

写真

写真2 第10回全中国選抜日本語スピーチコンテスト表彰式


(写真 中国総合研究交流センター 編集部)


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339