【16-13】「一緒に大きな架け橋を作りたい」タレント段文凝

2016年 8月 2日 三木孝治郎(中国総合研究交流センター)

「生きるために日本語を勉強したんです」「天津飯は天津にはない」と何回言ったことか

 7月19日、東京で開かれた「全中国選抜日本語スピーチコンテスト」(主催:日本経済新聞社、中国教育国際交流協会、日本華人教授会議)にトークショーのゲストとして登場したタレントの段文凝さん。7 年前、日本語ができないままに留学し「(日本で生活し)生きていくために日本語を勉強した」というころ、先生に連れられてこのコンテストの会場に来ていたが「まったく聞き取れなかった」という。

 いまは早稲田大学の大学院でのジャーナリズムの勉強を終え、NHK Eテレ「テレビで中国語」のネイティヴ発音担当として日本人に中国語を教える一方、本 国でテレビ局のアナウンサーを勤めた経験を生かしタレントとしての活躍の場を広げようとしている。

 この日のトークショーでは、「いままでにやったことがないことに、一つでも二つでもチャレンジしたい」と語り、演技力が求められる女優業に挑戦するためさらに日本語をブラッシュアップする考えを明かした。 

 コンテスト参加者に対しては、「私は今まで『日中の架け橋』になりたいと言って来たけれど、やっぱり一人の力では足りない。ひとりではどんなにがんばっても、できたとしても、できた橋がちっちゃいです」と 述べ、「みなさんと一緒にもっと大きな『架け橋』を作りたい」と呼びかけた。

 もっとも最初から大上段に構えるのではなく、身近なことからと考えている。

 まず「中国人はみなそうでしょう」という日本人からの質問に対し、「それは違うよ」「中国は広いです」「私のふるさとではそれと違う」「私の好きな食べ物はこうです」と答えたいという。

 「天津には天津飯はありません」と天津出身の段さんが言うと日本人はとても驚く。今までにもう100回くらい答えた経験があるけれど、「もっともっと言いましょう」。

 中国の各地にある違いを理解してもらうための、「小さな架け橋」が大事だ。「面白いことを通じて人と人の距離感を縮めたい」と意気盛んだ。

写真
写真

写真1・写真2:日本語スピーチコンテストの表彰式後、出場者らと記念撮影


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339