【16-16】日中学生が一緒に日本企業訪問 『リードアジア』参加者発表会

2016年 9月 2日 小岩井 忠道(中国総合研究交流センター)

 9日間、日中の大学生が合宿し、企業研修やワークショップなどを行うユニークなプログラムに参加した学生たちの発表会が、8月26日、東京大学駒場キャンパス内で開かれた。

写真

写真1 合宿の成果を発表する「リードアジア」プログラム参加者たち

 将来のアジアを担う人材育成を目的とするこのプログラムは、アジアを学び、よく知ることを表す「Read」と、将来、アジアを導くことを表す「Lead」の両方の意味をこめ、「リードアジア」と名付けられている。日中学生交流連盟と国際交流基金日中交流センターの共催で2013年から毎年、8月に開かれている。4回目の今年は、中国本土からの13人と日本に留学中の7人を合わせた中国人大学生20人と、日本人大学生23人が、8月20日から9日間、都内で共同生活を送った。この間、グループで訪問し、研修を受けた日本企業は13社に上る。

 発表会では、参加者の中から選ばれた三つのグループが、それぞれ成果や感想を述べ、さらにこれからの交流活動についての提案も行った。それぞれのグループが一様に強調したのは、お互いの国に対する先入観を排して、理解を深めることの重要性と、今回それが得られた満足感。最初のグループからは、自分たちを樹木の種にたとえ、今回の経験に基づいた今後の活動プランが短期、中期、長期に分けて提案された。

 「日中友好を進めるには、日中の若者が交際し、できれば家族になるのが一番。『お見合い』を開催し、日中の若者にそうした機会を提供する会社を起業したい」。日本人学生からこうしたユニークな提案が出された。中国人学生からは、「前人栽樹、後人乗涼」という言葉を引いて、「前代の人が苦労して創り上げたものが、後代の人に幸福をもたらす」活動を続ける意欲が表明された。

 三つのグループが一様に指摘した中に、新聞などのメディアを通して得た偏った先入観を排して、直接知り合うことの大切さがある。最後に発表したグループからは、お互いをよく知ることができる情報を発信する新しいメディアを自分たちでつくっていこう、という提案も出された。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339