【16-18】「心に映る中国―訪中日本人観光写真コンテスト」授賞式を開催

2016年 9月13日 中国総合研究交流センター編集部

 2015年10月から2016年5月まで多くの日本人写真愛好家が参加した「心に映る中国―訪中日本人観光写真コンテスト」の授賞式が9月8日、中華人民共和国駐日本国大使館で開催された。

 人民網と中国国家観光局が主催し中華人民共和国駐日本国大使館が後援する本コンテストは、参加資格が「日本人」であるという1点のみで、中国の自然風景、人々の生活風景、街の風貌など、日 本人が感じたありのままの中国を1枚の写真に切り取って応募するという実にシンプルなものである。しかし日本人が現実の、等身大の中国を独自の視点からいかに写真で表現するかは、無限の奥深さを秘めている。& amp; amp; amp; amp; lt; /p>

 授賞式冒頭、程永華駐日本中国大使は「観光旅行は日中民間交流の中でも重要な形式のひとつであり、両国民が旅行を通じて直接交流し、お互いの国の風土や人情を肌で感じ理解することができる。今 回のコンテストに参加された皆さんは両国の民間交流の使者であり、両国を結ぶ架け橋でもある」と本コンテストの意義を述べながら参加者を讃えた。

写真

写真1 程永華大使のスピーチ

 本コンテストは2015年10月から2016年5月のまでの募集期間に1000点を超える作品が寄せられ、インターネット投票とコンテスト評価委員および写真専門家らの厳しい審査の結果、受 賞作品が選ばれた。

写真

写真2 会場に展示された作品

 最高賞の特等賞(大使賞)には、鈴村雄誠さんの「夕暮れ」が選ばれた。四川省のチベット族自治州で撮影された、幻想的な明暗のコントラストが特徴の作品で、多くの委員・専門家から、ま たインターネット投票でも非常に高い評価を得た。

写真

写真3 特等賞(大使賞)受賞作品「夕暮れ」

写真

写真4 程大使(左)と表彰された鈴村さん(中央)

 鈴村さんは年に3回、海外に写真撮影に行き、そのうち1回は必ず中国を選択しているという。中国の自然と民族に特に関心があり、撮影旅行の際には勤務する会社の同期の中国人と一緒に行動し、そ れが撮影の際に大きな助けになり、今回の受賞も彼らのおかげであるとあらためて感謝の意を表した。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/1更新
「鵜飼い漁誕生の謎追い日中両国で現地調査」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,821,339