【16-30】 アジア諸国・地域引き続き上位に OECD国際学習到達度調査

2016年12月 7日  小岩井 忠道(中国総合研究交流センター)

 世界の15歳を対象とした経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査(PISA)で、アジア諸国・地域が引き続き、世界の他の国・地域より優れた成績を修めた。シンガポールが、科学リテラシー、数 学、読解力全てでトップを占めたほか、科学リテラシーでは日本(2位)、台湾(4位)、マカオ(6位)、ベトナム(8位)、香港(9位)、北京・上海・江蘇省・広東省(10位)、また数学では香港(2位)、マ カオ(3位)、台湾(4位)、日本(5位)、北京・上海・江蘇省・広東省(6位)、韓国(7位)と上位のほとんどをアジア勢が占めた。

 さらに、読解力でも香港(2位)、韓国(7位)、日本(8位)、マカオ((10位)と、上位にアジア勢が並ぶ。

 PISAは、3年に1度実施されている。今回は、2015年に世界72カ国・地域の生徒約54万人を対象に実施された。今回は、特に科学リテラシーに焦点を当てている。ア ジア勢以外で上位10位内に入った国は、エストニア(3位)、フィンランド(5位)、カナダ(7位)となっている。

写真

説明:国・地域別科学リテラシーの学習到達度(濃い緑ほど成績がよい)=OECDプレスリリースから=

 前回、2012年に実施された調査でも、アジア勢は好成績を収めている。上海とシンガポールが、数学の成績でトップとなった。香港、台湾、韓国、マカオ、日本も上海、シンガポールに次ぐ上位成績国・地 域として名を連ねている。科学リテラシーも、成績が最もよかった上位5カ国・地域に、上海、香港、シンガポール、日本が並び、アジア以外では唯一、フィンランドが入っただけだった。

 科学リテラシーで、最高レベルの点数をとった生徒の割合はOECD加盟国平均で8.4%。これに対し、上海27.2%、シンガポール22.7%、日本18.2%、香港16.7%と こちらもアジア勢が上位をほとんど独占し、ほかに最高レベルの点数をとった生徒の割合が15%を超える国は、フィンランド(17.1%)だけという結果となっていた。

PISAは、成績を6段階で評価し、レベル2に到達できなかった生徒を「低成績」としている。具体的には、例えばゲージを見てタンクにどれだけのガソリンが残っているかを導き出すのに苦労したりするなど、情 報を使ったり理由付けをするような問題に回答できないようなレベル、とされている。今回の調査では、OECD加盟国の生徒5人に1人以上が、こうした基本的能力を身につけていない実態が明らかになった。一方、香 港、日本、マカオ、シンガポール、ベトナムの生徒は、10人中少なくとも9人が学校を修了するまでに知っているべき基礎を身につけている、という結果となった。こ れらアジア勢以外で同じレベルを達成している他の国はカナダ、エストニア、フィンランドのみとなっている。

また、北京・上海・江蘇省・広東省、香港、シンガポール、台湾は、4人の1人以上が、数学で成績上位者に入る成績を修めた(今回、上海は単独の調査対象とはならず、上海だけの結果は示されていない)。シ ンガポールは、科学リテラシーでも4人に1人以上が、トップレベルの成績を修めている。

OECDによると、初等、中等教育における生徒1人当たりの支出は、2006年以来OECD加盟国では20%増加した。しかし、今回の調査対象となった72カ国・地 域のうちこの期間に科学の成績が改善したのは、シンガポール、マカオなどわずか12カ国・地域のみ。アンヘル・グリアOECD事務総長は、ロンドンで開かれた記者会見で、「 過去10年に科学は大きな進歩を遂げたが、それは学校での科学の成績には反映されなかった。あらゆる子供が可能な限り最良の教育を受けられるようにするために、さらなる取り組みが必要である」と語った。

関連リンク

  • OECD2013年12月3日プレスリリース「OECDのPISA2012調査で、アジア諸国が上位を占める」
    https://www.oecd.org/tokyo/newsroom/oecdpisa2012.htm
  • OECD調査国別分析「中国」
    http://www.oecd.org/pisa/PISA-2015-china.pdf

関連記事


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2016/11/30更新
「中国の債務問題」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2016/12/5更新
「中国人が抱く、日系企業のイメージ」

科学技術トピック

2016/11/29更新
最新テーマ: 海洋技術

取材リポート

New

2016/12/5更新
「華北地方の戦前・戦中伝える秘蔵写真公開」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/11/25更新
「お茶博物館を通した日中文化交流」

日中の教育最前線

2016/11/10更新
「日中の就学前教育への私感」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/11/18更新
「『淮南子·兵略篇』と先秦兵家の関係について(三)」

中国実感

2016/11/17更新
「阿門(アーメン)、素食(スーシー)、放生(ファンション) 中国宗教体験―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,933,664