【17-29】植物-微生物共生機能テーマに日中共同研究スタート

2017年10月20日 小岩井忠道(中国総合研究交流センター)

 科学技術振興機構(JST)と中国国家自然科学基金委員会(NSFC)は10月13日、植物と微生物が共生して有用物質をつくり出す機能に着目した三つの共同研究を始める、と発表した。

 この日中共同研究は、文部科学省所管の国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム:SICORP)の下で進められる。今年度の新課題として、「 薬用植物共生微生物の休眠遺伝子を活用した新たな物質生産手法の開発」、「リンが欠乏した土壌で栽培した植物根に生息する有用菌を同定してアブラナ科植物の効率的リン酸利用技術を開発」、「 イネの根から分泌される脱窒抑制物質の産生制御や根圏土壌微生物叢制御機構を解明し、過剰窒素肥料抑制水田農業への貢献」をそれぞれ目的とする共同研究が採択された。

 最初の課題の日本側研究者は、阿部郁朗東京大学大学院薬学系研究科教授で、中国側は高昊(Gao Hao)暨南大学薬学院中薬・天然薬物化学研究所教授。2番目は、西 條雄介奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科准教授と周倹民(Zhou Jian-Min)中国科学院遺伝・発育生物学研究所教授が、3 番目は藤原徹東京大学大学院農学生命科学研究科教授と施衛明(Shi Weiming)中国科学院南京土壌研究所教授がそれぞれ担当する。各 チームに間接経費を含め3年間に最大1,800万円の研究費が支給される。

 SICORPは、日本が特に重要と考える協力対象国・分野について、相手国の研究支援機関と共同で研究提案を公募・採択した国際共同研究を支援するプログラム。諸 外国との連携による相乗効果で日本の科学技術の向上と相互の発展を目指すことを目標に、2009年度から始まった。分野の融合や新しい発想による研究のブレークスルーが期待されている。

 中国との間では、中国科学技術部と「エネルギー利用の効率化」、「都市における環境・エネルギー分野」を対象とする共同研究プロジェクトが実施済みないし進行中だ。

 今回、新たな研究課題を共同で選定した中国国家自然科学基金とは「生物遺伝資源」を対象とする共同研究プロジェクトが2015年からスタートしている。こちらは、東京大学と中国科学院昆明動物学研究所、京 都大学と浙江大学とのチームによる二つの共同研究からなる。

関連サイト
中国国家自然科学基金委員会(NSFC)プレスリリース
http://www.nsfc.gov.cn/publish/portal0/tab442/info71437.htm
JSTプレスリリース
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1287/index.html#YOUGO2


中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/10/5更新
「新時代の到来を予兆するグローバル政治の混乱」

富坂聰が斬る!

2017/8/30更新
「南シナ海行動規範」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/10/12更新
「2017年上半期の国際収支の状況」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/8/29更新
「若者たちは何故“达康书记”が好きなのか」

科学技術トピック

New

2017/10/31更新
最新テーマ: 製造技術

取材リポート

New

2017/11/2更新
「心筋梗塞治療に期待の細胞組織作製 劉莉京都大学准教授ら日中の研究者」

中国の法律事情

2017/10/18更新
「民法典は異彩を放てるか?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/10/24更新
「『化学』の理想に捧げた一生」

日中の教育最前線

2017/8/28更新
「中国の教育資源が集中した現象に対する分析―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/10/23更新
「日本留学生と清末民初の『華夏西来』学説」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:54,661,941