【18-02】日本から最多数選出 最も革新的企業・研究機関トップ100

2018年1月29日 小岩井忠道(中国総合研究交流センター)

 国際情報サービス企業「クラリベイト・アナリティクス」が25日、特許データの分析から最も革新的と評価した100の企業・研究機関を「Top 100 グローバル・イノベーター2017」として発表した。日本は39社が選出され、2年ぶりに世界最多国となった。アジア全体では45社が選ばれ、「イノベーションのリーダー、ハブとしての地位をアジアは確保した」と、「クラリベイト・アナリティクス」は評価している。

image

日野博文 クラリベイト・アナリティクス・ジャパン代表取締役

 「トップ100グローバル・イノベーター」は、クラリベイト・アナリティクスが前身であるトムソン・ロイターのIP&Science事業部門だった時代から毎年、公表しており、今回が7回目。日本は3年前に39社、2年前に40社・研究機関が選出され、2年続けて米国を抜き最多国となった。1年前は34社と後退し、39社の米国にトップを奪い返されたが、今年またトップに返り咲いた。米国は36社で、日米両国が革新的企業・研究機関トップ100の大半を占める状況は今回も変わりない。

 中国からは、1年前に続き通信機器メーカーの華為技術(HUAWEI)1社が入った。同社の選出は、3年前と1年前に続き3回目となる。この他、アジア地域では韓国からLGエレクトロニクス(LG Electronics)、LS産電(LSIS)、サムスン電子(Samsung Electronics )、台湾から鴻海(Hon Hai)、工業技術研究院(ITRI)が入り、合計45社が選出された。

今回の特徴としては、ハードウェア・電子部品製造と化学工業・化粧品分野の企業が増えたことが目立つ。ハードウェア・電子部品製造分野では、スマートデバイスと IoT (モノのインターネット)の急激な発展を反映し、1年前の29 社から 34 社に増えた。化学工業・化粧品分野では9社から12社に増えた中で、初めて選出された日亜化学工業を含め7社を日本企業が占めているのが目を引く。

 クラリベイト・アナリティクスは、世界の技術革新をリードするトップ・イノベーターの知財戦略が、“量より質”を重視していることが今回の分析でも明らかになった、としている。過去5 年間の世界の特許出願件数は 11.9%増えたのに対し、トップ100に選ばれた企業・研究機関に限ると、2.4%増と伸びはかなり小さい。一方、2017 年の世界の特許登録数は対前年比3.4%増であるのに、トップ100企業・研究機関は対前年比 5.9%増と全く逆の傾向を示している。こうした数字からも、最も革新的とみなされる企業・研究機関が、重要と考える特許に絞って出願する知財戦略を進めていることが裏付けられる、とクラリベイト・アナリティクスはみている。

 中国から華為技術(HUAWEI)1社しか選出されていない理由についても、こうした状況が背景にあるとする声がクラリベイト・アナリティクス社内から聞かれた。米国と日本の企業が特許戦略を変えているのに対し、中国では特許出願を重要なものに絞るといった特許戦略がとられていない。その結果、今回の分析でも「グローバル性」と「影響力」が全般的に低い評価となっている、というわけだ。ただし、年々、中国企業の評価は高くなっていることを挙げ、日野博文クラリベイト・アナリティクス・ジャパン代表取締役は記者会見で、来年以降、トップ100に入る中国企業が続出する可能性を示唆した。

 トップ100グローバル・イノベーターの選出方法は、クラリベイト・アナリティクスが持つ特許データベースが基になっている。最近5年間で100件以上のベーシック特許を取得した企業・研究機関のうち、ベーシック特許の「数量」、最近5年間で公開された特許出願数(未登録)と登録された特許数の割合を示す「成功率」、四つの主要市場の特許当局(中国専利局、欧州特許庁、日本特許庁、米国特許商標庁)全てに出願されたベーシック特許の数からみる「グローバル性」、取得後の特許が自社・機関以外の発明の中で引用された頻度からみる「影響力」の四つを評価軸として、どれだけ革新的かの度合いを判定している。ベーシック特許というのは、クラリベイト・アナリティクスの定義によって「新技術や医薬品、ビジネスプロセスなどの特許公報で最初に公になったもの」とされている。

Top 100 グローバル・イノベーター 2017 受賞企業
日本企業 39社(英文社名のアルファベット順、右列は日本語の正式名称)
*は7年連続受賞企業 (14社)
Aisin Seiki Co., Ltd. アイシン精機株式会社
Asahi Glass Co., Ltd. 旭硝子株式会社
Bridgestone Corporation 株式会社ブリヂストン
Canon Inc. キヤノン株式会社 *
CASIO COMPUTER CO., LTD. カシオ計算機株式会社
DAIKIN INDUSTRIES,LTD. ダイキン工業株式会社
Fuji Electric Co., Ltd. 富士電機株式会社
FUJIFILM Corporation 富士フイルム株式会社
FUJITSU LIMITED 富士通株式会社 *
FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. 古河電気工業株式会社
Hitachi, Ltd. 株式会社日立製作所 *
Honda Motor Co., Ltd. 本田技研工業株式会社 *
JTEKT Corporation 株式会社ジェイテクト
Kawasaki Heavy Industries, Ltd. 川崎重工業株式会社
Kobe Steel, Ltd. 株式会社神戸製鋼所
Komatsu Ltd. 株式会社小松製作所
KYOCERA Corporation 京セラ株式会社
Mitsubishi Electric Corporation 三菱電機株式会社
Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. 三菱重工業株式会社
Mitsui Chemicals, Inc. 三井化学株式会社
NEC Corporation 日本電気株式会社 *
NICHIA CORPORATION 日亜化学工業株式会社
NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION 新日鐵住金株式会社
NISSAN MOTOR CO., LTD. 日産自動車株式会社
NITTO DENKO CORPORATION 日東電工株式会社 *
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION 日本電信電話株式会社 *
Olympus Corporation オリンパス株式会社 *
OMRON Corporation オムロン株式会社
Panasonic Corporation パナソニック株式会社 *
Renesas Electronics Corporation ルネサス エレクトロニクス株式会社
Seiko Epson Corporation セイコーエプソン株式会社 *
Shin-Etsu Chemical Co., Ltd. 信越化学工業株式会社 *
Showa Denko K.K. 昭和電工株式会社
Sony Corporation ソニー株式会社 *
TDK Corporation TDK株式会社
Toray Industries, Inc. 東レ株式会社
TOSHIBA CORPORATION 株式会社東芝 *
Toyota Motor Corporation トヨタ自動車株式会社 *
YASKAWA Electric Corporation 株式会社安川電機
その他の国/地域の受賞企業 61社(英文社名のアルファベット順)
Organization Country/Region
3M Company USA
Abbott Laboratories USA
Advanced Micro Devices USA
Alstom France
Amazon USA
Analog Devices USA
Apple USA
Arkema France
BASF Germany
Bayer Germany
Becton Dickinson USA
Boeing USA
Boston Scientific USA
Broadcom USA
Commissariat à l’Energie Atomique France
Delphi USA
Dolby Laboratories USA
Dow Chemical Company USA
DuPont USA
Emerson USA
Ericsson Sweden
ExxonMobil USA
Facebook USA
Fraunhofer Germany
General Electric USA
Google USA
Hon Hai Taiwan
Honeywell International USA
Huawei China
Intel USA
ITRI Taiwan
Johnson & Johnson USA
Johnson Controls USA
LG Electronics Korea
LSIS Korea
Marvell USA
Medtronic Ireland
Merck Germany
Micron USA
Microsoft USA
Molex USA
Nike USA
Nokia Finland
Novartis Switzerland
NXP Semiconductors Netherlands
Oracle USA
Philips Netherlands
Qualcomm USA
Roche Switzerland
Safran France
Saint-Gobain France
Samsung Electronics Korea
Seagate USA
Symantec USA
TE Connectivity Switzerland
Texas Instruments USA
Thales France
Total S.A. France
Western Digital USA
Xerox USA
Xilinx USA

(クラリベイト・アナリティクス提供)

関連サイト

関連記事

関連リンク


中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2018/1/10更新
「21世紀の教育のあり方―IQとEQ」

富坂聰が斬る!

2018/1/17更新
「朝鮮半島危機」

和中清の日中論壇

2017/10/4更新
「進化する中国高鉄の旅行市場への影響と日本旅行への波及(その3)」

田中修の中国経済分析

2018/1/9更新
「2018年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2017/6/6更新
「新時代の中国市場での競争優位戦略(2)」

川島真の歴史と現在

2017/9/6更新
「民国史研究から抗日戦争史研究へ?」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2018/1/29更新
「日本の対中直接投資の動向」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/11/21更新
「世界に波及・中国人の大型連休」

科学技術トピック

2017/12/25更新
最新テーマ: 農林水産

取材リポート

New

2018/1/29更新
「日本から最多数選出 最も革新的企業・研究機関トップ100」

中国の法律事情

New

2018/1/29更新
「法はチャイニーズ・スタンダードを推進する?」

日中交流の過去・現在・未来

2017/12/28更新
「年齢を重ねてなお輝く青年の志―中国工程院院士 瀋陽薬科大学元学長 曁南大学薬学院名誉院長 姚新生教授」

日中の教育最前線

2018/1/16更新
「一部の大学が提出した「一流大学建設方案」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

2017/5/31
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/12/15更新
「正倉院の緑瑠璃十二曲長坏:北のシルクロードにおける物々交換と文化交流」

中国実感

2017/10/30更新
「中国高速鉄道の発達で「南轅北轍」が可能に」

北京便り

2018/1/19更新
「中国医薬関連7機関、臨床研究振興を呼びかけ」

印象日本

2017/3/9更新
「莫邦富の「莫談国事」:日本の高級ホテルの無料Wi-Fi未開通問題で議論沸騰」

CRCCイベント情報

New

CRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等、開催予定のイベント情報

CRCCイベントアーカイブ

New

開催済みのCRCC研究会、中国研究サロン、シンポジウム等の講演資料・レポート

CRCC運営データベース

CRCC運営ウェブサイト

アクセス数:56,658,772