トップ >第57号:バイオエネルギー技術バイオ関連トピック> 中国で精子タンパク質317種を発見 不妊治療に効果

中国で精子タンパク質317種を発見 不妊治療に効果

中国科技日報     2011年 6月 7日

 山東省乾細胞工程技術研究センター、煙台毓◆(王へんに黄)頂医院、煙台大学李建遠教授率いる研究チームが、10年に及ぶ研究の末、人 類の精子形成に関するタンパク質研究において重大なブレイクスルーを得た。この研究成果は、米学術定期刊行誌「Molecular & Cellular Proteomics(MCP)」2 010年11月号と12月22日付オンライン版で発表された。

 ヒトの精子の形成は、男性の生殖機能面で重要な一要素である。睾丸で作られた精子は、副睾丸というミクロ環境と副睾丸から分泌される精子タンパク質の相互作用によって形成され、受精に備える。精 子の形成不全は、男性不妊の主因の一つとなるため、精子の形成に関連するタンパク質の研究は、不妊臨床における分子診断や治療レベルの向上につながる。また、精子形成の阻害は、出 産コントロール面で避妊にも効果がある。

 李教授の研究チームは、システム工学分子生物学研究技術を導入し、健康な男性の副睾丸遺伝子発現解析に成功した上、ヒトの副睾丸と睾丸タンパク質、副 睾丸から分泌される精液中のタンパク質の遺伝子発現解析も成功し、1030種類のタンパク質抗体バンクを構築し、副睾丸と睾丸の精子タンパク質317種類(精液蛋白も含む)を鑑定・発見した。そ れらに科学システム分類通し番号をつけて命名し、国際塩基配列データベース(GenBank)に登録した。この発見は、人類が精子にあるタンパク質の潜在機能をさらに明らかにする上でのベースとなる。研 究チームは、機能に関する研究を通じ、精子の運動、卵子への進入、受精能獲得(capacitation)、抗酸化、免疫防御など各機能に関連する重要タンパク質を発見した。研 究によって構築され関連データベースは、ネット上で世界に公開され、情報・資源の共有が実現した。研究成果によって、不妊臨床の分子診断・治療レベルがかなり向上すると見られる。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468