トップ >第59号:海洋開発技術海洋開発技術関連トピック> 西太平洋の海洋環境放射能調査、第1次調査が終了

西太平洋の海洋環境放射能調査、第1次調査が終了

中国科技日報     2011年 8月 4日

 データを採集し、福島県における放射能漏れの中国海域への影響を研究するため、国家海洋局は西太平洋の海洋環境放射能調査を実施した。第1次調査は18日間にわたって行われ、調査船は7月4日に帰還した。総航程は5000海里に上る。

 今回の調査により、福島県の原子力発電所事故が西太平洋へ及ぼした影響に関するデータを初歩的に掌握することができた。これは、中国の西太平洋海洋環境放射能調査・警報体系の初歩的な確立、調査・警報能力の形成、海洋核安全調査・警報情報の適時発表などに向け、重要な意義を持つ。

 注目に値するのは、今回の調査が、福島県の原発事故が日本以東の公海海域にどれほどの放射能汚染を与えたかはっきりしない中で実施されたことだ。担当者たちは非常に大きな被ばくリスクを冒しつつサンプルを採取した。また、中国から調査海域への航路は遠く、航海期間も長く、出航はちょうど台風のシーズンと重なったために海上では一時、8~9級の強風に見舞われた。6月23日には、調査海域の近くでM7.0の地震が発生したが、隊員と船員全員が力を合わせて困難を克服し、海洋サンプルの採取業務を無事に終了した。

 今回の調査は国家海洋局により計画されたもので、調査船は6月16日にアモイを出航した。国家海洋局第三海洋研究所が筆頭となり、国家海洋局南海分局、東海分局及び国家海洋環境予報センターなどの機関が協力し、調査に関与した人数は合計40人余りに上った。調査では、中国水産科学研究院南海水産所の観測船「南峰」号が任務にあたった。研究者らは帰港後、各サンプルに対する分析と検査を行い、できるだけ早く科学データを得て、福島原発事故が近海及び中国の管轄海域に影響を及ぼしたか否かの分析・評価を行うという。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468