トップ >第61号:電子情報技術電子情報技術関連トピック> 「北斗」利用の車載ナビ国産第一号がお目見えがお目見え

「北斗」利用の車載ナビ国産第一号がお目見え

中国科技日報     2011年10月19日

画像

 江蘇北斗星通汽車電子有限公司は26日、江蘇省南京市で国内初のナビゲーション衛星「北斗」を利用した車載通信ナビ製品の発表会を開催した。同製品の登場により、中 国の車載ナビ産業で独占的地位を占めていた全地球測位システム(GPS)の優位が揺らぎ、中国の北斗ナビ産業の民間利用や産業利用の発展を力強く推進するとともに、後 に続く北斗利用の自動車物流ネットワークのサービスや応用に着実な基礎がうち立てることになるとみられる。

 北斗衛星を利用したナビゲーションシステムは2012年に地域をカバーするようになり、北斗ナビ産業は大きな発展チャンスを迎えるとみられる。同 公司は10年10月に国内初の北斗車載ナビ端末の開発計画を立案し、翌11年5月にサンプル製品を完成させ、同8月に大量生産を開始した。同 公司の製品は北斗システムとGPDシステムとの連携による測位を実現しており、音楽ディスク、映像ディスク、無線テレビ、ブルートゥース携帯電話、iPodの接続、タッチパネル、障害物検知レーダー、ワ イヤレス通信などの機能も備えている。各性能指標は世界トップレベルに達し、一般のGPS車載ナビ端末よりも多くの点で優れている。具体的には次のような点である。(編集KS)

測位の精度と実用性がより高い

 同公司の製品は北斗とGPSとを組み合わせた測位技術に基づき、北斗とGPSのそれぞれの衛星から届くすべての信号を受信することが可能で、測位の精度がより高く、実用性もより高い。

北斗ナビシステム独自の漢字情報120文字の伝達が可能な情報通信機能

 都市部から離れた場所にいる自動車オーナーが通信信号がカバーしていないエリアにいたとしても、ショートメッセージによる通信が可能である。

製品はGDP車載ナビ端末に代わるもの

 国防、野外探査、野外探検など広範囲な専門分野での採用が可能であり、公用車や自家用車などでも利用できる。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468