トップ >第63号:ナノ技術ナノ技術関連トピック> 年産3000トン、リン酸鉄リチウムプロジェクトが生産を開始

年産3000トン、リン酸鉄リチウムプロジェクトが生産を開始

中国科技日報     2011年12月16日

image

 四川黄銘リチウム動力公司のナノ級リン酸鉄リチウムプロジェクト(年産3000トン)が、このほど四川省の徳陽市・広漢市で生産を開始した。同プロジェクトは独自の「多種の溶剤・溶 液相法によるナノリン酸鉄リチウムの生産」技術を運用し、中国で初めて50ナノ以下のリン酸鉄リチウム材料の工業化量産を実現した。ハイパワー充電・放電、安全性、循環回数等の指標は既存製品を大きく上回り、か つリチウム電池のコストを20%以上削減した。これにより中国の新エネルギー自動車用の動力電池、蓄電池産業に変革をもたらすと期待されている。

 中国では、リチウム電池正極材料リン酸鉄リチウムの伝統的生産方法は「固相法」で、コスト、環境汚染、ロット生産、容量の抑制、品質の安定性といった面で問題を抱えている。

 今年3月、四川黄銘リチウム動力公司が独自開発した「液相法ナノリン酸鉄リチウム生産技術」が検査を通過した。新技術はリン酸鉄リチウムとナノ構造体の複合材料、複 合パケット混合のリン酸鉄リチウム技術等を採用し、ロット生産、品質の安定性、1g当たりの容量150mA以上、循環使用3000回以上といった問題を解決した。また常温・常圧における「多種の溶剤・溶液相法」に よるナノリン酸鉄リチウム正極材料の産業化に向けた方法を、初めて提案した。これにより生産コストを20%以上削減し、リチウム動力電池の使用寿命を5年以上延長し、容量型と功率型の要求を同時に満たし、新 エネルギー自動車産業の発展に貢献した。

 中国工程院の干勇副院長は、「新プロジェクトは、中国の同領域のスタートを早めたのみならず、将来的には新エネルギー車用の動力電池や蓄電池等に画期的な変革をもたらし、新 たなリチウム動力産業チェーンを形成するだろう」と指摘した。

 広漢市の計画によると、同プロジェクトは2014年までに、年産が1万トン規模に拡大する。リチウム電池のコストは将来的に全体で30%以上削減される見通しだ。充電・放 電功率および循環回数が大幅に向上し、リチウム電池電動車両、風力発電、光電子、スマートグリッド動力バッテリーパックの産業発展を促すと見られる。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468