トップ >第64号:レーザー技術レーザー技術関連トピック> 中国人科学者、逆ドップラー効果を発見

中国人科学者、逆ドップラー効果を発見

中国科技日報     2012年 1月19日

写真

 透明マントというSF小説の技術が将来的に実現され、ビックバンによる宇宙空間の膨張に新たな解説が付される可能性が出てきた。上海理工大学光学工程学科チームは屈折率がマイナスの光子結晶体から、光 波ウェーブバンドによる逆ドップラー効果を初めて発見し、最新の「ネイチャー フォトニクス」誌に同研究成果が掲載された。逆ドップラー効果を光学分野で証明したのは世界初で、天文学、医学、微 電子工業等での応用が期待される。

 ドップラー効果とは、観測者と光波源の間に相対移動が存在する場合に、光波の周波数の変更が起こる現象を指す。物体の光源と観測者の距離が近づいている場合、光の周波数は高くなり色が青に変わる。逆 ならば赤に変わる。逆ドップラー効果は、光源と観測者の距離が絶えず近づいている場合、光の周波率が低くなり色が青から赤に変わる現象を指す。

 逆ドップラー効果は旧ソ連の物理学者が1968年に理論的に予言していたが、実験による実証が待たれていた。上海理工大学上海市現代光学重点実験室で、荘松林院士の指導と参加の下、陳 家璧教授による科学研究チームが、自然条件下で発生し得ない逆ドップラー効果を実現させた。

 研究チームはシリコンを利用した人造マイクロナノ結晶体「光子結晶体」を作成し、負の屈折率を実現した。この特殊な光子結晶体の「スーパープリズム」によりレーザービームを発射させ、レ ーザープリズムと測定器間の距離を変更することで、ドップラー効果の逆転現象に成功した。また同実験により最終的に得られた光子結晶体プリズムの、ミクロンスケール・エッチングの高アスペクト比は25:1 となった。これは直径が髪の毛の35分の1、長さが50ミクロンの、細さの均一なシリコン媒質の円柱を1億本整列させて、シリコンチップ上に刻むことを意味している。

 逆ドップラー効果は、透明マント等の技術の将来的な発展を促し、空想が現実に変わるスピードは人々の想像を上回ることだろう。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468