トップ >第65号:ロボット技術ロボット技術関連トピック> 帯電作業ロボット、作業者の安全を確保

帯電作業ロボット、作業者の安全を確保

中国科技日報     2012年 2月13日

写真

 長治供電分公司の帯電作業者が一台のロボットを使い訓練を行った。全身が金色の同ロボットは作業者の操作により、平然とした表情で腕を動かし帯電作業を行った。それはあたかも映画「トランスフォーマー」の ようで、道行く人の注目を集めた。

 「大黄蜂(中国語でトランスフォーマーのバンブルビーの意味)」と名付けられたこの機械は、同社がこのほど使用開始した中国初の10キロボルト帯電作業ロボットだ。同ロボットは、同 社と山東魯能智能技術有限公司が2年間をかけて共同制作した。

 同ロボットには四つのシステムが搭載されている。主操作アームと副操作アームは、作業中に、高圧線と作業員を隔離する。専用の昇降機は、中国で流通している絶縁アーム式作業車に改造を施し、ア ームを作業位置に伸ばす。またワイヤーカッター、ナット破壊工具等の専用工具、遮蔽防護工具、ドレンワイヤークランプが揃い、全ての専用工具はアームに据え付けられ通常の帯電作業を実施する。絶 縁防護システムは同ロボットの対地絶縁を行い、かつ電力の遮断を防ぐ。

 同ロボットの初訓練に参加した崔向陽氏は、「昔は帯電作業をする際に重装備を強いられていました。夏は空気の通らない絶縁服が苦しく、1時間も作業をするとサウナに入ったように全身が汗にぬれ、熱 中症の危険もありました。現在はロボットの使用により、作業員が絶縁服を着る必要がなくなり、利便性と功率が高まりました」と語った。

 長治供電分公司によると、同ロボットは電線の切断、ワイヤリング、ヒューズの取り換えといった頻度が高い作業を、人に代わり行うことができるようになった。これにより高度作業の時間を短縮し、帯 電作業の効率を高めた。特に作業者の作業強度を下げ、作業者と高圧線を完全に隔離し、安全を最大限確保した。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468