トップ >第103号> 中国科学院、健康モニタリングと個人の音声識別を実現

中国科学院、健康モニタリングと個人の音声識別を実現

2015年 4月22日(中国総合研究交流センター編集部)

 中国科学院の研究チームはこのほど、摩擦電気による自家発電の仕組みを持ち、柔らかく装着可能な、人体の体外脈搏と喉頭音の圧力センサーを開発した。

 開発されたのは、ヒトの鼓膜の仕組みと摩擦発電の原理を結びつけ、ポリテトラフルオロエチレン(テフロン)と孔構造ナイロン膜を活用し、テフロンを鼓膜の代わりにしたバイオニクスセンサーで、広 い周波数帯域の微弱な圧力波動信号の測定が可能となる。

 測定によると、2.5 Paから1.2 kPaの圧力範囲で、高感度(>51mVPa-1)、すばやい圧力波動反応時間(<6ms)、高い安定性( 負荷測定周期4万往復で電気出力ほぼ変わらず)などの特徴を示した。活動周波数帯域が広い(0.1Hzから3.2kHz)のも特徴となる。

 頸部や腕部、胸部の皮膚に取り付ければ、体表の低周波の脈拍信号を取得し、この信号から心血管系の健康を示すAixやRI、PWVなどの値を取り出し、携 帯式の人体健康モニタリングシステムに情報を送ることができる。また喉頭部から信号を取得すれば、被験者の高周波の音声信号を取得し、記録することもできる。さ らに脈拍と音声信号を取得できる自家発電可能なセンサーにもなる。

 また同一デバイスによる複数の面からの安全認証にも利用でき、認証精度を示す等価エラー率(EER)は1.6%に達した。人体の健康状態のモニタリング、個人の音声記録、安 全認証など様々な応用的価値を持っている。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2015/4/2更新
「中国経済の見方」

富坂聰が斬る!

New

2015/4/21更新
「ネズミ獲り」

和中清の日中論壇

2015/1/29更新
「アベノミクスは中国進出企業に何をもたらすか」

田中修の中国経済分析

2015/4/3更新
「政府活動報告から見るマクロ経済政策の特徴」

服部健治の追跡!中国動向

2014/12/4更新
「内側から見た中国市場」

川島真の歴史と現在

2015/4/3更新
「AIIB狂想曲」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2015/4/21更新
「預金保険制度の設立と金利自由化」

科学技術トピック

最新テーマ:ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

日中・科学技術関連の講演などを取材した新鮮リポート 2015/3/30更新

中国の法律事情

2015/4/3更新
「中国における統一不動産登記制度について」康石

日中交流の過去・現在・未来

2014/11/19更新
「天水会について―中国の天蘭線建設と日本帰国後の活動―」橋村 武司

中国の地域情報

中国の各地域の概説、記事へのリンク

日中の教育最前線

2014/10/27更新
「中国の中等職業教育の発展段階と改革動向」陸 素菊

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2015/4/14更新
「岡松甕谷と『楚辞考』」朱新林

中国実感

2015/3/4更新
「「揺一揺 (ヤオイヤオ)」、「掃一掃(サオイサオ)」-ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:37,996,238