トップ >第103号> 世界初の医療用中性子照射器、中国が開発

世界初の医療用中性子照射器、中国が開発

2015年 4月28日(中国総合研究交流センター編集部)

 第12次五カ年計画国家科学技術支援計画プロジェクト「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)技術研究」に、重大な進展があった。科技日報など複数の中国国内メディアの報道によると、研 究開発に10数年を費やした、ホウ素中性子捕捉療法に特化した世界初の治療装置「医療用中性子照射器(IHNI)」がこのほど、中国国内で1人目の悪性黒色腫患者の臨床試験・治療に用いられ、予 定されていた目標を達成した。

 同装置は中国工程院院士の周永茂氏が開発を担当したもので、中国が独自の知的財産権を持ち、出願・取得した国家特許は計8件に上る。

 周氏によると、ホウ素中性子捕捉療法は、中性子とホウ素との反応を利用し、腫瘍細胞を選択的に破壊する世界最先端の標的療法。高い標的性を持つホウ素を含む化合物を腫瘍にあらかじめ投与した上で、熱 中性子線を照射すると、腫瘍細胞の内部でホウ素と熱中性子の増感効果が生じる。生まれたエネルギーは約10ミクロンのがん細胞内でのみ力を発揮し、その遺伝構造を徹底的に破壊することで、修 復不可とし死に至らしめる。同療法による悪性腫瘍の治療では、腫瘍組織を徹底的に除去すると同時に、患部周辺の正常な組織と機能を最大限に留めることで、患者の治療後の生活の質と寿命を大幅に高めることができる。 

 周氏は、「現在世界的には、出力が数百~数万キロワットの大中型研究用原子炉を使って患者への照射が行われている。中国がこのほど開発したIHNIは、出力がわずか30キロワットと小型で、病 院内でがん患者への治療ができる。このほか、炉心を低濃縮化しており、高濃縮ウランに対する核不拡散の様々な制限を脱却し、医療市場にスムーズに進出できる。IHNIは国際原子力機関(IAEA)によって『 利用者にやさしく、原子力の安全性を持つ特徴がある』と評価されており、医師の判断によって使用可能である。IHNIの炉心材料は約20年間使用可能で、水・電力・ガスを供給する以外に特殊な操作の必要はない。こ の療法にかかる費用は、重イオン照射装置や大型加速器を下回る」と語った。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2015/4/2更新
「中国経済の見方」

富坂聰が斬る!

2015/4/21更新
「ネズミ獲り」

和中清の日中論壇

New

2015/4/23更新
「中国ビジネスは、進出は易く撤退は難しい」の嘘

田中修の中国経済分析

2015/4/3更新
「政府活動報告から見るマクロ経済政策の特徴」

服部健治の追跡!中国動向

2014/12/4更新
「内側から見た中国市場」

川島真の歴史と現在

New

2015/4/27更新
「ひまわり学生運動(太陽花学運)から一年」

露口洋介の金融から見る中国経済

2015/4/21更新
「預金保険制度の設立と金利自由化」

科学技術トピック

最新テーマ:ナノテクノロジー・材料分野

取材リポート

日中・科学技術関連の講演などを取材した新鮮リポート 2015/3/30更新

中国の法律事情

2015/4/3更新
「中国における統一不動産登記制度について」康石

日中交流の過去・現在・未来

2014/11/19更新
「天水会について―中国の天蘭線建設と日本帰国後の活動―」橋村 武司

中国の地域情報

中国の各地域の概説、記事へのリンク

日中の教育最前線

2014/10/27更新
「中国の中等職業教育の発展段階と改革動向」陸 素菊

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2015/4/14更新
「岡松甕谷と『楚辞考』」朱新林

中国実感

2015/3/4更新
「「揺一揺 (ヤオイヤオ)」、「掃一掃(サオイサオ)」-ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:38,068,958