トップ >第108号> 中国の大学サイエンスパークについて(その4)

中国の大学サイエンスパークについて(その4)

2015年10月 6日  康琪(中国科学技術発展戦略研究院体制管理研究所 シニア研究員)

その3よりつづき)

2.3 政策革新の強化、研究成果の転化促進

 東南大学は、「東南大学サイエンスパークの発展加速と科学技術成果の転化促進に関する若干の意見」を打ち出し、学生のサイエンスパークでの起業を奨励・誘致する措置を取り、「 起業の条件と基礎を備えた在学中の大学院生と学部生が、研究成果または各級の賞を獲得した科学技術プロジェクトを携え、中退または休学の形で大学サイエンスパークでの起業を行うことを、大学は支援・奨励する」と した。このほか同大学は、優秀な大学生の革新・起業プロジェクトを誘導するための資金を提供する特別基金を設けた。学生の起業チームに対しては、不動産賃貸の優遇政策を実施し、初年度は賃貸料を免除し、2 年目はこれを半額とすることとし、学生の起業初期のコストを軽減した。

 浙江大学は、「浙江大学の教職員と学生による大学サイエンスパークにおける科技インキュベーション企業設立に関する若干の規定」と「イノベーション駆動発展戦略への全面サービスに関する実施意見」を 相次いで打ち出し、教員や学生のサイエンスパークでの研究成果の移転・転化を支援する政策をはっきりと制定した。人員の奨励措置としては、教職員や学生はその研究成果や独自技術を利用して、そ の査定額による株式投資によってサイエンス企業や研究機関を設立することができるようになった。職務発明の研究成果や独自技術による株式参入については、大学・学部・研究所が技術株の15%から50%、課 題チームの関係人員が50%から85%を保有することとした。大学・学部・研究所の技術株の分配比率はそれぞれ3分の1とされた。人材評価の面では、研究成果転化の専門家の技術職階制度を導入し、工 学技術の水準や研究成果の転化実績、ハイテク企業の育成実績、大学に対する貢献を主な評価基準とした。またハイテク成果の転化や普及に従事する高水準の教員を招聘するため、専門のポスト(「求是特聘推広崗」)も 設けられた。イノベーション・起業の促進の面では、すでに転化可能な研究成果を持っている社会サービス・技術普及ポストの教員を支援し、これらの教員が非常勤または常勤で、大 学の工業技術研究院や国家大学サイエンスパーク、イノベーション技術研究院有限公司など大学の成果転化・高水準産業化のプラットフォームで技術革新や起業に従事し、自 らまたは地方と共同で科技型企業を設立することを奨励した。またこれらの教員が、省の中堅企業や高成長型の科技型企業で勤務し、企業と共同で製品開発を行い、研 究成果の産業化と企業の科技イノベーションの器としての構築を推進することも奨励された。

 同済大学は、教員と学生に向けて良好な革新・起業政策環境を整備するため、一連の奨励政策・措置を打ち出した。例えば「同済サイエンスパークの発展加速と科学技術成果の転化促進に関する実施方法」は、在 学中の学生や教職にある教員、留学帰国者が同済大学周辺に企業を設立することを奨励した。同時に、教員と学生の起業向けに保険制度も構築し、教員や学生が起業に失敗したり、大 学での教学や学習への復帰を希望したりした場合は、大学がその意向に沿って手配できるようにもしている。

2.4 投融資サービスチェーンの構築、スタートアップ企業の成長加速

 清華大学サイエンスパークは、多層的な資本サービスの仕組みを構築することによって技術の産業化を促している。パーク内の起業数十社に直接投資サービスを提供し、投入資金は1億元を超え、民 間投資も数億元を促した。清華サイエンスパークはさらに、多くの金融・担保機構と戦略連盟を形成し、パーク内の中小企業に信用担保を提供している。また2012年4月には、清華サイエンスパークと瑞安グループ、ノ ーザンライトベンチャーキャピタル、シリコンバレー銀行が共同設立したインキュベーター「創源」が正式に対外開放された。「創源」は、中国と米国の科技型スタートアップ企業の発展を目的としたもので、ま ずは12社のスタートアップ企業が対象となった。「創源」のシード計画に選ばれたスタートアップ企業はシード基金の提供する「シード資金」を得ることができる。シード計画は、6 カ月にわたる企業家の訓練キャンプで、企業家がビジネスモデルを向上させ、整った核心チームを設立するのを助け、クライアントの初期的なフィードバックとその検証も行う。「創源」は初年度、1 5社以内のスタートアップ企業を精選し、シード計画への参加資格を獲得した企業には、始動資金として2万5千ドルを提供することとした。

 浙江大学サイエンスパークは、「企業成長の全プロセスを対象として、パーク内の企業を全面的にカバーし、全分野での投融資を行う」という「三全」の投融資サービスを展開し、銀 行や起業投資サービスセンター、ハイテク担保会社などとの協力で「共同担保体系」を構築し、「銀行・企業協力」を展開し、「企業クレジットカード」「受注担保」「知財権担保」な どの革新融資サービスを共同で打ち出し、スタートアップ企業の融資難の問題を軽減している。国内外の各種のベンチャー投資機構や民間企業とも幅広く協力・契約し、「起業投資連盟」と「産業投資連盟」の 2つの連盟を設立し、プロジェクトと資本とのマッチングの場を毎年何度も設け、パーク内企業が起業投資資金と民間企業資本を引き込み、拡大を加速するのを助けている。2008年12月には、浙 江大学サイエンスパーク起業投資有限公司を登録資本1億元で設立し、サイエンスパーク内の科学技術プロジェクトや企業への投資を担当させた。現在、浙江大学サイエンスパークが投資・株 式参入した企業は累計144社にのぼり、多くの企業が良好な発展を見せている。

その5へつづく)


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2015/9/17更新
「中国を探す」

富坂聰が斬る!

2015/9/16更新
「司法改革」

和中清の日中論壇

2015/10/6更新
「中国をよく思わない83%の世論」の裏にあるもの

田中修の中国経済分析

2015/10/6更新
「日中産学官交流機構特別研究員」

服部健治の追跡!中国動向

2015/8/19更新
「戦後70年目の中国に対する心構えとは何か」

川島真の歴史と現在

2015/4/27更新
「ひまわり学生運動(太陽花学運)から一年」

露口洋介の金融から見る中国経済

2015/10/14更新
「人民元のSDR構成通貨入り問題(補足)」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2015/8/11更新
「エキストラたちの『抗日ドラマ』」

科学技術トピック

2015/10/13更新
最新テーマ:製造技術

取材リポート

New

2015/10/26更新

中国の法律事情

New

2015/10/26更新
「中国の大気汚染防止の法制度および関連政策(25)」

日中交流の過去・現在・未来

2015/6/29更新
「中国人留学生との関わりを通して」宮崎 計実

日中の教育最前線

2015/9/14更新
「『和解』に向けて国際理解教育を~日中関係ゼミの実践を基に~」川村 範行

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2015/8/5更新
「近代「国学」と日本」朱新林

中国実感

2015/6/11更新
「畢業照(ビィイエチャオ)、民国風(ミングオフォン)、漢服(ハンフー)―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

 

アクセス数:40,986,274