トップ >第111号> 薄膜太陽光発電の温室応用

薄膜太陽光発電の温室応用

2015年12月 9日 (中国総合研究交流センター編集部)

 浙江省で最大の規模を誇り、最も多くの品目が集まるとされる農業エキスポ「2015浙江農業博覧会」がこのほど、盛大にとり行われた。複数の環境型エネルギー設備メーカーも招待され参加し、薄 膜太陽電池の農業への幅広い応用をデモンストレーションし、参加した指導者や業界関係者、観衆から高い評価を受けた。

写真1

写真1 2015浙江農業博覧会の会場

 スマートイノベーション環境型エネルギー設備メーカーの漢能の展示ホールの天井には温室の一部が取り付けられ、多くの人々がこれに目を取られていた。案内係は、同社の薄膜発電製品について丁寧に説明し、発 電モジュールの能力をその場でデモンストレーションしてみせたりした。

写真2

写真2 展示ホール天井に取り付けられた漢能の農業用軽量モジュール

 浙江省内で最大規模の農業エキスポとなった今回の博覧会は、多くの省級指導者がこれを重視し、会場に訪れた。浙江省党委員会の夏宝竜書記や王輝忠・副書記、黄旭明・副省長、省 農業庁の史済錫庁長ら指導者も展示ホールに足を運び、参観・指導した。指導者らは、薄膜発電製品の農業への応用に高い評価を与え、現代型のインテリジェント農業の道を今後も追求していくようにと奨励した。 

 展示ホールを訪れた夏宝竜書記は、「クリーンエネルギーは農業でもより多く使うべきだ。良い製品はより多く生産し、より多く使用するようにしよう」と呼びかけた。

 王輝忠・副書記も展示ホールを参観し、「現代の農業経営の体制や仕組みの革新に努め、農業の産業化経営をスピードアップし、農業の生産経営の専門化・機械化・知能化の水準を高め、『効率産出、安全産品、資 源節約、環境友好』という発展の新たな道を歩んでいこう」と強調した。

 漢能をはじめとする環境型エネルギー設備メーカーは現在、農業分野での応用・開発を進めている。例えば漢能は浙江麗水では、発電容量2.15kWの農業温室プロジェクトをすでに竣工させている。送 電網連結後の年間発電総量は2800kWhに達する見込みだ。環境型エネルギーでインテリジェントな灌漑を行えば、環境により良い果物や野菜、より透明な川水、より青い空を取り戻すことができるはずだ。

 漢能の薄膜発電技術は、温室や畜産設備の屋根、漁業と太陽光発電の組み合わせ、牧畜業と太陽光発電の組み合わせなど多くの農業分野で幅広く応用できる。温室に応用される漢能の薄膜発電ボードは、赤 色光や赤外線を通し、通した光も均等で、温室内の作物の生長に影響が出ない。農業温室を覆っている一般素材とほぼ同じ重量で、温室とぴったり組み合わせることができ、保温や日除け、発電収入などが可能となる。ま た薄膜発電ボードは、ガラスとポリカーボネート、プラスチックフィルムに継ぐ第4の農業施設材料とされ、太陽光発電や省エネ・排出削減、土地節約、農業増産、農 民増収という新たな産業局面の形成に向けた素材として、農業用温室施設に新たな産業革命をもたらすものと期待されている。


本記事はOFweek(中国高科技行業門戸)より許可を得て翻訳・転載したものである。
原文: http://solar.ofweek.com/2015-11/ART-260019-8120-29033131.html


謹賀新年

 

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2015/11/25更新
「中国の方言」

富坂聰が斬る!

2015/11/27更新
「中国人の「私産」」

和中清の日中論壇

2015/12/4更新
「中国の成長率低下をどう読むか」

田中修の中国経済分析

2015/12/1更新
「第13次5ヵ年計画の新発展理念」

服部健治の追跡!中国動向

2015/12/2更新
「『中国の台頭』から学ぶべきこと」

川島真の歴史と現在

2015/4/27更新
「ひまわり学生運動(太陽花学運)から一年」

露口洋介の金融から見る中国経済

2015/12/22更新
「CFETS人民元為替レート指数の公表」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2015/8/11更新
「エキストラたちの『抗日ドラマ』」

科学技術トピック

New

2015/12/28更新
最新テーマ:農業水産

取材リポート

2015/10/26更新

中国の法律事情

2015/12/14更新
「中国の大気汚染防止の法制度および関連政策(27)」

日中交流の過去・現在・未来

2015/6/29更新

日中の教育最前線

2015/9/14更新

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2015/12/11更新
「日本蔵『玉燭宝典』校本論考―依田利用『玉燭宝典考証』の校勘成果に関する検討」朱新林

中国実感

2015/12/15更新
「城会玩(チェンホイワン)、然并卵(ランビンルアン)とエイズの増加―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:42,294,558