トップ >調査報告書書評> 2010年発行>『ダイナミックに変革する中国の高等教育の発展と動向』 書評

『ダイナミックに変革する中国の高等教育の発展と動向』 書評

書籍イメージ
  • 編著者:独立行政法人 科学技術振興機構中国総合研究センター
  • ISBN: 978-4-88890-297-7 / CRC書籍番号: CRC-FY2009-07
  • 発行日: 2010/01Printed in Japan
  • 商品の寸法: 29.7 x 21.0 x 1.0 cm
  • 在庫: 無し

ダウンロード PDFファイルPDF版(5.8MB)

書評者:

平野 眞一 独立行政法人 大学評価・学位授与機構長

 近年、中国は年率10%を超える高度経済成長率を続けてきたが、昨年のリーマンショックによる世界的な経済停滞の影響を受けながらも建国60周年の今年は、GDP、輸出入合計総額とも世界第三位の経済、貿 易大国となった。高度経済成長およびグローバル化に伴い、高等教育を受けたさまざまな人材に対する社会と経済からの需要がますます高まってきた。

 中国の高等教育は今、「第三の教育革命」期を迎えていると言われている。第一は、20世紀初期に科挙制度を廃止し、癸卯学制として『奏定学堂章程』を実施した。日本、アメリカ、フ ランスなどの教育システムを手本にした、「新学」としての革命期であった。第二は、1949年の新中国成立後、旧ソ連の高等教育モデルを導入した社会主義革命期である。そして1970年代末から鄧小平の「改革・開 放」路線によって社会主義市場経済改革の目指す方向を徐々に確立し、計画経済体制下で作られた高等教育管理体制・構造モデルを突き破った。1980年代半ばに中央政府は、高 等教育機関に対する管理システムの整備とそれによる合理的かつ効率的な大学管理の必要性を強調し、憲法改革と歩調をあわせて中国の教育界にはいま、第三の波が打ち寄せている。

 社会主義現代化路線が明確になってきた1990年代初頭以降、大学間のM&A戦略が本格化し、中央政府と地方(省・自治区・直轄市)政府の2段階管理、責 任分担という新たな高等教育管理体制の整備が進められて来た。1993 年2 月に発表された『中国教育改革と発展要綱』の中で、21 世紀へ向けて100 校前後の重点大学と重点学科を作るという「211 プロジェクト」が策定されて実施されてきた。1998 年、当時の国家主席の江沢民は、北京大学100 周年祝賀式典で現代化を実現するために中国は国際水準と評価される一流大学を持つべきであり、一 流大学はハイレベルな創造型人材を育成する施設でなければならないことを強調した。これを受けて教育部は、1998年末に『21世紀に向けた教育振興行動計画』を制定した。同 計画では国家予算を集中的かつ多角的に投入する政策によって、今後10―20年間に一部大学や重点学科が、世界の先進レベルに達することを目指した「985プロジェクト」をスタートさせた。「211」及び「 985」という戦略的なプロジェクトの実施により、わずか十数年の間に中国の高等教育は急進的に発展し、中国と先進諸国との高等教育水準の格差は大幅に短縮された。2008年のSCI( Science Citation Index)に収録された論文の9.8%(11.67万本)は中国の科学技術の論文であり、世界第二位に躍進した。中国高等教育の発展はますます世界から注目されるようになる。

 このような状況を踏まえて、今回、中国を代表する高等教育研究者12人による論文を特集することとした。寄稿された論文の執筆者は、い ずれも現代中国の高等教育界のリーダーとして大きな影響力を発揮している大学の研究者や教育部の幹部であり、その内容は中国高等教育管理体制の改革や大学評価基準の整備、中国の大学の国際化、産 学連携の推進や技術移転などさまざまな面を捉えながら、中国の高等教育改革の現状、課題および今後の動向について分析、展望したものである。

 この冊子が、中国の高等教育を理解する一助となり、日中間の大学交流がさらに盛んになることを心から願うものである。

平野 眞一

平野 眞一(ひらの しんいち):

1942年 愛知県生まれ。名古屋大学工学部応用化学科卒業、同 大学院工学研究科修了。工学博士。ペンシルベニア州立大学博士研究員、東京工業大学助教授を務めたのち名古屋大学工学部助教授、教授、大 学院工学研究科教授、評議員、先端技術共同研究センター長、大学院工学研究科長・工学部長を経て名古屋大学総長に。現職は独立行政法人大学評価・学位授与機構長。ほかに中央教育審議会専門委員、大学設置・学 校法人審議会特別委員、科学技術・学術審議会委員、上海交通大学特別教授・学長特別顧問(非常勤)などを務める。受賞歴には日本セラミックス協会学術賞、日本化学会学術賞、アメリカセラミック学会フェロー、R ichard M.Fulrath 賞、Distinguished Life Membership 賞、中国科学院Einstein Professorshipなどがある。


さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

オリジナルコンテンツ

柯隆が読み解く

2014/2/18更新
「中国の歴史問題」

富坂聰が斬る!

2013/12/27更新
「中国賃金事情」

和中清の日中論壇

2014/2/3更新
「失望」に潜む米国のメッセージと日本の「積み木崩し」

田中修の中国経済分析

2014/2/7 新コーナー開設
「中央経済工作会議のポイント」

服部健治の追跡!中国動向

2014/2/27 新コーナー開設 「安倍総理の靖国神社参拝に想う(上)」

川島真の歴史と現在

気鋭の研究者が日中関係を歴史から説き起こす。幅広い視点から新しい時代の関係を探る。

科学技術トピック

New

2014/3/5更新
「赤外線カメラと簡牘資料の日中共同研究」
工藤 元男

取材リポート

New

日中関連、科学技術関連のシンポジウム・講演等を取材し、新鮮なリポートをお伝えします。

中国の法律事情

New

2014/3/7更新
「百度(バイドウ)の著作権侵害をめぐる攻防の結末」朱根全

日中交流の過去・現在・未来

日中交流のこれまでの歩みとこれから

日中の教育最前線

日中の教育現場の今をレポート

中国国家重点大学一覧

 

中国関連書籍紹介

New

2014/3/12 書評追加掲載

文化の交差点

New

2014/3/18更新
「日本における中国古代絵画」朱新林

中国実感

日本人が実感した中国をレポート

印象日本

中国が日本に滞在して感じたことをレポート

CRCC研究会

過去の講演資料、講演レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料、講演レポート

最新イベント情報

アクセス数:31043468