北京の6本の地下鉄、将来的に全自動化へ

2015年 11月18日

 事務所内に座り、ボタンを押すだけで、車庫で眠っていた地下鉄車両が自動的に目を覚ます。車両内のセンサーが目を凝らし、状況を把握しリアルタイムで報告する。サーモセンサーが寒さを感じ、自動的に暖房を入れる――。このような全自動運転システムが、将来的に北京の6本の地下鉄で採用される。燕房線では早ければ2017年に、この新システムが導入される予定だ。建設中の燕房線の他に、年末に竣工する3・12・17・19号線および新空港線も全自動運行システムを採用し、無人運転を実現することになる。北京日報が伝えた。
 北京市軌道交通建設管理有限公司の関係者は、「列車・信号・通信は地下鉄路線の最も重要な技術で、すべて中国が独自に開発している。国産化率は100%に達する。1両目はすでに試験のため北京に送られている」と話した。
 全自動運転・運行は安全だろうか?列車の技術者は、「無人運転の列車の安全性と操作性は、人の手による運転よりも高い。乗客は安心して乗車できる」と述べた。従来の列車は運転手個人の反応に依存していたが、人為的な要素は正確に把握しがたい。無人運転地下鉄車両はリアルタイムで生じた状況に基づき、コンピュータのプログラムにより真っ先に自動的に反応し、判断を下す。間もなく開通する燕房線を例とすると、車両は障害物・脱線点検機能を持ち、前方に障害物があると判断した場合は直ちに反応し、運行を停止する。
 列車が全自動化すれば、車掌は必要だろうか?北京市軌道交通建設管理有限公司の韓志偉副総経理は、「必要だが、忙しい作業から完全に解放される。車掌はモニタリングが主な職責になる」と話した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2015/10/30更新
「インドと中国人」

富坂聰が斬る!

2015/9/16更新
「司法改革」

和中清の日中論壇

2015/10/6更新
「中国をよく思わない83%の世論」の裏にあるもの

田中修の中国経済分析

2015/11/5更新
「1-9月期のGDPと当面の政策」

服部健治の追跡!中国動向

2015/8/19更新
「戦後70年目の中国に対する心構えとは何か」

川島真の歴史と現在

2015/4/27更新
「ひまわり学生運動(太陽花学運)から一年」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2015/11/16更新
「準備預金制度変更と金利自由化」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2015/8/11更新
「エキストラたちの『抗日ドラマ』」

科学技術トピック

New

2015/11/18更新
最新テーマ:海洋技術

取材リポート

2015/10/26更新

中国の法律事情

2015/11/2更新
「中国の大気汚染防止の法制度および関連政策(26)」

日中交流の過去・現在・未来

2015/6/29更新
「中国人留学生との関わりを通して」宮崎 計実

日中の教育最前線

2015/9/14更新
「『和解』に向けて国際理解教育を~日中関係ゼミの実践を基に~」川村 範行

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2015/10/30更新
「「国学」の運命」朱新林

中国実感

2015/6/11更新
「畢業照(ビィイエチャオ)、民国風(ミングオフォン)、漢服(ハンフー)―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

 

アクセス数:41,508,069