アリババがVRショッピング機能をリリース、日本の薬局に「行く」ことも可能

2016年 11月8日

 「ダブル11」(11月11日のネット通販イベント)が近づき、アリババはこのほどVRショッピングの「Buy+チャンネル」応用をリリースした。通常のネットショッピングならば文字、写真、評価を参考にして買い物をするが、VRショッピングはその場にいるのと同じように商品を見ながら購入でき、このスタイルは人々の生活に進出してきている。北京日報が伝えた。
 「Buy+チャンネル」とは、実際のショッピングシーンと各国のランドマークを再現し、VRと現実のシーンを結びつけたショッピングルートのことだ。アリババがリリースしたVRショッピングは、世界的に有名な8つの会場(米国のメイシーズ、ターゲット、コストコ、日本のマツモトキヨシ、秋葉原のアニメ店、豪州最大のドラッグストアなど)を目的地とする。
 消費者はまず携帯電話で「手機淘宝」というアプリを起動し、その中の「我的淘宝」から「VRショッピング」を選択すると、自宅のリビングのような部屋に入ることができる。壁に掛かった各国の写真(例えば日本の写真)を選択すると、数秒後には日本の街頭にあるドラッグストアに実際に来店したような光景が広がる。店に入ると、携帯の画面には実際の商品棚が表示され、まるで実際に店で買い物しているかのような感覚になる。さらに棚のフェイスパックを選択すると、画面にこのパックの360度の写真、商品の詳細情報が表示される。
 アリババのデータによると、VRショッピングがリリースされてから最初の1時間で、消費者約3万人がVRゴーグルで体験した。うち6割が30歳以下の若者で、杭州市、北京市、上海市のユーザーがこの新しいショッピング体験に最も意欲的だという。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2016/10/26更新
「明治維新と中国の「改革・開放」の比較」

富坂聰が斬る!

2016/10/11更新
「不動産バブル」

和中清の日中論壇

2016/9/23更新
「中国の成長と衰退を考える」

田中修の中国経済分析

New

2016/11/8更新
「7-9月期のGDPと指導部の経済情勢判断」

服部健治の追跡!中国動向

2016/2/10更新
「中国の『大衆消費社会』と食品産業」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2016/11/7更新
「政策性銀行の改革」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/9/5更新
「90後がオリンピックを変える!」

科学技術トピック

New

2016/10/28更新
最新テーマ: 製造技術

取材リポート

New

2016/11/7更新
「日中韓の信頼関係まだまだ 中国の影響力拡大予測回答は減少」

中国の法律事情

2016/10/18更新
「2016年、中国における外商投資企業に係る手続の変革~審査認可から届出への移行~」

日中交流の過去・現在・未来

2016/10/24更新
「1200年の中国伝統芸術「皮影戯」で日中を繋ぐ劇団影法師 柴廣義さん」

日中の教育最前線

2016/6/15更新
「中国の公立高校の内部組織について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2016/10/14更新
「日本茶の源流は中国のお寺にあった」

中国実感

2016/8/12更新
「滴滴(ディディ)と数字鴻溝(シュウツホンゴウ:デジタルディバイド)中国タクシーアプリとその周辺―ことばから見る中国社会」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:47,400,230