偵察・攻撃一体型無人機、「翼竜Ⅱ」が初飛行に成功

2017年 3月1日

 中国航空工業集団が自主開発した新型で長時間の航続時間を可能にし、偵察・攻撃一体型多用途無人機システム「翼竜Ⅱ」無人機が27日、初飛行に成功した。これは中国が航空設備の関連技術を確立し、大型偵察・攻撃一体型無人機の世界一流水準に達したことを意味する。科技日報が伝えた。
 翼竜シリーズ無人機チーフデザイナーの李屹東氏は「これまでの無人機は、人の手により多くの指示を出す必要があったが、翼竜Ⅱの場合は人による指示をほとんど必要としない。従来の各種操作法則と処理方法をソフト化したことが、同機の最大の特徴だ。同機が1つの任務を完遂するためには、事前に指示を入力すればいい。パイロットの主な任務はその監視で、異常事態や変更が発生した時のみ介入する」と話した。
 翼竜Ⅱはどれほどのステルス性を備えているかという点について、李氏は「同機の全長は11メートル、高さは4.1メートル、翼幅は20.5メートルで、特殊なターゲットを攻撃する設定となっている。ステルス性とは主に目視と音による発見の回避だが、同機は小型であるため目視されにくく、静音性も高いため発見されにくい」と述べた。
 初飛行は翼竜Ⅱと内臓装置、地上基地、地上支援システムによって実現された。同機の最大飛行高度は9000メートル、最高飛行速度は時速370キロ。
 李氏は「世界の同類無人機を見ると、同機の水準は米国のMQ-9 リーパーに相当し、世界一流水準だ」と述べた。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

お見舞い

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/12/5更新
「中国人が抱く、日系企業のイメージ」

科学技術トピック

New

2017/2/28更新
最新テーマ: 鉄道技術

取材リポート

New

2017/2/24更新
「日本の人工透析システム中国で普及か」

中国の法律事情

New

2017/2/23更新
「中国現地法人の抹消登記手続が簡易に」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

2017/2/20更新
「国立公文書館展示会「書物を愛する人々(蔵書家)」について」

中国実感

2017/2/17更新
「刺激の絶えなかった、中国での研究生活」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,545,802