中国人学者、がん細胞の免疫逃れのメカニズムを解明

2017年 3月3日

 浙江大学生命科学研究院の趙斌氏が率いるチームは、初期肝臓がん動物模型を構築し、単一の肝腫瘍初期細胞が免疫システムの「追撃」を逃れる過程を初めて確認し、その原理を明らかにした。この研究は肝臓がんの発症メカニズムと免疫治療手段の開発に重要な影響を及ぼすとみられている。新華社が伝えた。
 同チームは新型ラット生体細胞遺伝子コード体系を確立した。この新型体系は一部の正常な幹細胞をがんに変異させ、さらに肝臓がんの発展の過程を正確に模倣できる。趙氏は「圧倒的多数のがんは、一部の正常な体細胞の突然変異によって起こる。新型技術は、最初の細胞ががんに変異する際に、肝腫瘍がどのように発展していくのかを示す」と説明した。
 同チームは、肝臓がん細胞が特定のサイトカインを分泌することでマクロファージを引き寄せ、自分の「味方」にして生き残ることを発見した。研究者によると、マクロファージは体内の重要な免疫細胞だ。同細胞は病原体を識別し、攻撃する。しかし単一の体細胞ががんに変異したばかりの段階では、マクロファージが免疫細胞を抑制する。これにより肝腫瘍細胞は免疫の監視を逃れ、攻撃を避けることができるのだという。
 趙斌氏は「がん細胞の機能を識別し、対抗する免疫細胞が白旗を揚げる。これは肝腫瘍細胞がさらに発展する重要な原因だ。肝臓がんの初期段階において、チームはこの現象を確認し、原因を把握した」と述べた。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/12/5更新
「中国人が抱く、日系企業のイメージ」

科学技術トピック

New

2017/2/28更新
最新テーマ: 鉄道技術

取材リポート

New

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

2017/2/23更新
「中国現地法人の抹消登記手続が簡易に」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/2更新
「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」

中国実感

2017/2/17更新
「刺激の絶えなかった、中国での研究生活」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,587,358