中国人科学者、エボラの鍵となるタンパク質の合成メカニズムを解明

2017年 3月3日

 中国農業科学院ハルビン獣医研究所が1日に発表した情報によると、同研究所の基礎免疫チームは世界で初めてエボラウイルスエンペローブ糖タンパクの合成メカニズムを明らかにし、関連薬品の研究開発に新たな理論と根拠をもたらした。1970年代に見つかったエボラウイルスは、ヒト感染によりエボラ出血熱を起こし、致死率は90%に達する。しかし、現在までに臨床応用が認められているワクチンや特効薬はまだ確立されていない。新華社が伝えた。
 同チームの王斌博士によると、エボラウイルス粒子表面のエンペローブ糖タンパクは、ウイルスをターゲット細胞に感染させる唯一のタンパク質で、ワクチン研究開発で優先的に選ばれる抗原、抗ウイルス剤の開発の理想的なターゲットになるということだ。
 研究チームはエンペローブ糖タンパクの生物合成プロセスに着目し、小胞体分子シャペロンの中のカルネキシンとカルレティキュリンは、エンペローブ糖タンパクの成熟プロセスに関わることを発見した。さらに、エンペローブ糖タンパクGP2サブユニットのN-型糖鎖はタンパク質の切り出しとタンパク質糖鎖の加工、ポリ体の形成、タンパク質のフォールディングなど複数のプロセスを通じて、ウイルスの組立と感染に影響することを明らかにした。
 同チームの鄭永輝研究員によると、ウイルスは宿主細胞内の環境により、自身のタンパク質の成熟とウイルス粒子の組立を完了するとしており、これは精密に制御された課程であり、すべての異常もしくは不備が、ウイルスの組立と感染を阻害しうるということだ。この研究は細胞がエンペローブ糖タンパク化によりタンパク質機能を調整するメカニズムを明らかにしており、エボラウイルスの抗ウイルス剤の研究開発に新たな理論と根拠をもたらした。
 同研究の関連成果は、米国の「The Journal of Biochemistry」(電子版)に掲載された。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

New

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2016/12/5更新
「中国人が抱く、日系企業のイメージ」

科学技術トピック

New

2017/2/28更新
最新テーマ: 鉄道技術

取材リポート

New

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

2017/2/23更新
「中国現地法人の抹消登記手続が簡易に」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/2更新
「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」

中国実感

2017/2/17更新
「刺激の絶えなかった、中国での研究生活」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,587,358