中国初の極地用全地形対応車、南極科学観測で大活躍

2017年 3月7日

 中国南極科学観測が33年目に突入し、「中国製」や「中国技術」も基地運営と野外観測で多く用いられるようになった。中国が独自に開発した初の極地用全地形対応車は、2015年末に中山基地に到着してから、現場での試験や運用を1年間行っている。北京日報が伝えた。
 プロジェクト現場担当者で貴州詹陽動力重工有限公司エンジニアの李勇氏によると、同車両は車体が前後に分かれている、全地形対応水陸両用多機能車だ。南極の特殊な気候と地理的環境に対応するため、極地低温発車や電気部品耐低温、車体保温、多機能極地設備積載などの技術改造を行った。同車両の水中走行速度は時速5キロで、30度から31度の傾斜の坂を登ることができる。
 同車両は駆動機構、ケーブル機構、ゴム製履帯の国産化を実現しており、しかもゴムにより揺れが和らぎ快適度が増し、氷上での長距離移動に適している。
 中国第33次南極科学観測隊の孫波チームリーダーは「同車両の使用は1年以上に渡り、むき出しの岩、氷雪エリアなどで高い汎用性を示しており、野外作業の需要を満たしている。また移動観測ステーションとして操縦室に人員が乗れるほか、後部車両の空間が広く、視界も良好だ。科学研究者の作業に適しており、さらに緊急救助能力も備えている」と説明した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/2/28更新
最新テーマ: 鉄道技術

取材リポート

New

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

2017/2/23更新
「中国現地法人の抹消登記手続が簡易に」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/2更新
「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」

中国実感

New

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,666,146