中国人科学者、1億2500万年前の被子植物の化石を発見か

2017年 3月10日

 被子植物は白亜紀になってようやく登場したというのが、これまで学界での一般的な見方だった。しかし遼寧省西部で見つかった1億2500万年前の化石で、この時期がさらに早まる可能性がある。中国地質学会が発行する「地質学報」(英語版)はこのほど、中国人科学者3人による「中国白亜紀前期の人字果(Dichocarpum sutchuenense)に類似する被子植物の化石」という論文を掲載し、被子植物の起源の研究の最新成果を示した。光明日報が伝えた。
 研究者の一人で海南熱帯海洋学院、渤海大学博士の韓剛氏はインタビューに応じた際に「この標本は遼寧省凌源市郊外の大王杖子付近の、白亜紀の地層義県層から得られたため、凌源偽人字果と呼ばれる。時代は今から1億2500万年前のもので、おしべ、めしべ、茎、双葉が直接つながっている標本がこの地層から見つかったのは初めてだ」と話した。
 研究者の一人、国家ラン科植物種質資源保護センター首席植物学者の劉仲健教授は「これらの化石の証拠は、白亜紀に被子植物が現れたという見方に課題を突きつけ、さらに早い時期からの被子植物の起源を探るよう促している。人字果の発見が、これまでの定説を覆す決定的な証拠になるとは思えないが、既存の理論に疑問を投げかけることになるだろう」と指摘した。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

New

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/2/28更新
最新テーマ: 鉄道技術

取材リポート

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

New

2017/3/10更新
「検察による監督」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/2更新
「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,738,365