大型電波望遠鏡「天眼」の景勝区が無料開放

2017年 3月13日

 世界最大口径の電波望遠鏡FASTこと「中国天眼」景勝区の無料開放が正式にスタートした。望遠鏡が設置されている貴州省平塘県が発表した情報によると、景勝区の入場料は無料だが、観光客は送迎バス料金50元(1元は約16.64円)を支払う必要がある。また、天文体験館のチケットは1人50元ということだ。新華社が伝えた。
 また取材を進めたところ、大型電波望遠鏡への影響を避けるため、「静粛エリア」の半径5キロ内では、携帯電話の電波が届かなくなっている。また観光客は展望エリアに入る前に、観光客サービスセンターでチケットをスキャナして、個人の携帯電話、デジタルカメラ、ブレスレット型デバイスなどすべての電子製品を預けることになる。景勝区内には複数の公衆電話が設置されており、無料で国内電話を掛けることができるという。さらに混雑による望遠鏡への影響を減らすため、景勝区の1日あたりの受け入れ人数は2000人に限定しているということだ。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/3/13更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

New

2017/3/10更新
「検察による監督」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/2更新
「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,777,121