国産支線旅客機ARJ21 高原でのテスト飛行成功

2017年 3月13日

 中国民用航空西北地区空中交通管理局青海分局が明らかにしたところによると、2月28日に、中国が独自に開発した支線旅客機ARJ21-700が海抜2184メートルの西寧曹家堡空港(青海省海東市)で7日間にわたり、16回の高原エリア科学研究検証テスト飛行を行い、成功を遂げた。これにより同機は高原の環境でも安全な飛行ができる能力を備えていることが確認された。新華社が伝えた。
 ARJ21は中国初の国際民用航空ルールを踏まえて独自開発し、知的財産権を備えた中短距離向け新型ターボファンエンジン支線旅客機で、座席数は78〜90席。標準後続距離は2225〜3700キロメートルに達し、中心都市から周辺の中小都市へと放射状に広がる航空路線の飛行任務を主に担うことになる。中国商用飛機有限責任公司のテスト飛行担当部門が下半期に再び調査研究と検証を行う予定だ。青海省で航空路線を開通し、中西部地域の旅客の空の旅を便利にするものと期待される。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/3/13更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

New

2017/3/10更新
「検察による監督」

日中交流の過去・現在・未来

2017/1/23更新
「梅屋庄吉と孫文の盟約—松本楼 副社長 小坂文乃さんに聞く—」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/2更新
「福建商人を支えてきた、福建人の物作り」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,777,121