エネルギーのモデルチェンジ、中国が世界のトップ集団入り

2017年 3月15日

 ドイツメディアは連日、中国の両会(全国人民代表大会・全国政治協商会議)に注目しており、李克強総理がその開幕式で行った政府活動報告、特に「青空を守り、勝ち取るために力を尽くす」と強調し、全国民に「青空の日は一年ごとに多くなっていく」と約束したことを高く評価した。ドイツメディアは、李総理の発言は自信にあふれ、勇気づけられると評価した。科技日報が伝えた。
 独誌はデータを引用し、中国がエネルギーモデルチェンジですでに世界のトップ集団入りを果たしているとした。ドイツの目立たぬ変化と比べ、中国はより力強い措置を講じ、クリーンエネルギーへの転換を図っている。中国は3年連続で石炭消費量を減少させており、2016年は前年比で4.7%減となった。その減少させた消費量は、英国の通年の石炭消費量に相当する。国際エネルギー機関は2年前まで、中国の石炭消費量は2030年まで増加を続けると予想していた。
 ドイツメディアは、現在も中国は世界最大の石炭消費大国だが、既に水力・風力・太陽光・原子力・天然ガスなどのクリーンエネルギーの使用を拡大していると伝えた。中国の一次エネルギー消費量に占める石炭の割合は、64%から62%に低下した。政府はすでに100カ所以上の石炭火力発電所の建設計画を停止しており、これは実に厳しい措置だと評価している。
 石炭消費量の減少に伴い、中国のCO2排出量も年々減少している。この4年間で排出量の増加にストップがかかり、政府は今年、前年比で1%減少すると予想している。
 また、中国の風力発電所、太陽光発電所の建設もかなりのスピードで進められている。中国の昨年末までの太陽光発電新規設備容量は3454万kW、累積設備容量は7742万kWで、いずれも世界一となった。ドイツメディアは、中国のエネルギーモデルチェンジは、真のエネルギー革命をもたらすと報じた。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/3/13更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

New

2017/3/10更新
「検察による監督」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/3/14更新
「春の日の友情」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/14更新
「芦東山に対する中日学者の再評価——芦東山と中国文化の関係もともに論じる」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,815,554