地球温暖化のペース、予測を13%上回る

2017年 3月16日

 世界的な温暖化に、新たな証拠が加わった。 米オープンアクセスジャーナル「Science Advances」が掲載した、中国と米国の科学者が行った共同研究の成果によると、世界的な温暖化のペースはこれまでの予測を13%上回るという。科技日報が伝えた。
 論文の筆頭著者、中国科学院大気物理研究所副研究員の成里京氏は、記者の取材に応じた際に「温室効果ガスの排出により、地球には多くの熱が留められることになり、その温暖化を直接促す作用を及ぼしている。これらのエネルギーの9割以上が海の中に留められている。そのため海洋の熱含量の変化は、気候変動の重要な指標だ」と指摘した。
 海洋の温度はどれほど上がったのだろうか。各国際機関が海洋観測により導き出すデータには、大きな開きがある。成氏は「海洋の熱量の変化に関する過去の推計は、正確ではなかった。最大の原因は、海洋観測の不足、不均等な分布だ。これまで海洋観測は主に船舶で行われていた。得られるデータは非常に少なく、しかも北半球中緯度の人類活動の多いエリアに集中していた。今世紀初頭になり、世界の主要海域を網羅する海洋観測ネットワークの『アルゴ』が構築されたが、分解能はそれほど高くない」と話した。
 いかに限りある観測された情報を利用し、観測されていないエリアの気候変動の情報を導き出すべきか。研究チームは最も正確な平均値を取る方法を打ち出した。気候模型の過去の海洋気候変動に対する一連のシミュレーション結果を用い、海洋気候変動の空間的な関連性の情報を導き出し、かつすべての観測の空間的影響範囲を追加した。さらに重要なのは、同研究が最近の豊富な海洋観測データを用い、歴史的な熱含量変化率の各海盆および異なる時間軸の正確性を評価し、過去の観測の不足による推計の誤差を初めて量化した点だ。
 同チームはこれらを踏まえた上で、1960年から2015年までの海洋熱含量の変化を推測した。特に1971年から2010年の世界海洋温暖化のペースは、気候変動に関する政府間パネル第5回気候変動評価報告書の推計を約13%上回っているということがわかった。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/2/3更新
「中国の環境汚染問題、被害者=加害者の事実」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/2/1更新
「2017年の経済政策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/2/28更新
「資本流出の抑制と資本流入の促進」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

New

2017/3/13更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/3/2更新
「ゆとり教育以後の世代特許出願数でも見劣り」

中国の法律事情

2017/3/10更新
「検察による監督」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/3/14更新
「春の日の友情」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

 

文化の交差点

New

2017/3/16更新
「中国酒文化の代名詞「茅台酒」―酒の都 茅台」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

過去の講演資料・レポート

アクセス数:49,834,334