中国の4500メートル級有人潜水艇、国産化率が90%以上に

2017年 4月11日

 中国初の有人潜水艇「蛟竜号」は2011年に水深5000メートル、2012年に水深7000メートルの潜水に成功し、現地の科学観測を行った。その後も中国の有人深海潜水の歩みはとどまることなく、4500メートル級有人潜水艇の自主開発を開始している。中央テレビ網が伝えた。
 蛟竜号が水深7000メートルの海底を潜水できるにもかかわらず、なぜ中国は4500メートル級の有人潜水艇を開発しなければならないのだろうか。
 外観を見ると、4500メートル級は蛟竜号とそれほど変わらないが、新型潜水艇には「中国の心」が埋め込まれている。専門家によると、蛟竜号の多くの部品は輸入品だが、今回の4500メートル級の重要部品は100%国産化を実現。全体的な国産化率も90%以上に達しているという。性能面でも、これまでの蛟竜号を大幅に上回る。例えば4500メートル級の有人モジュールには5つの観察窓があり、蛟竜号と比べ側面に2つの窓が増え、海底での視界がより良好になった。また4500メートル級は従来のアルカリ電池の代わりにリチウム電池を採用し、電池の使用回数を50回から500回まで増やすことを実現している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

2017/3/23更新
「徴税と公益的寄付」

日中交流の過去・現在・未来

2017/3/14更新
「春の日の友情」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/3/28更新
「建窯」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,335,160