手ぶれ補正スプーン、パーキンソン病患者の食事を補助

2017年 4月12日

 毎年4月11日は「世界パーキンソンデー」。華中科技大学OBフォーラムに招かれた、深セン市臻絡科技有限公司の任康CEOは記者に対し、「パーキンソン病の患者は手が震えるため、しっかり食事することさえ贅沢な願いになっている。薬物治療は大きな効果を生まず、手術は高額で大きな副作用を生む。これらの手段では患者の問題の根本的な解決とならない」と指摘した。科技日報が伝えた。
 「科学技術で生活をより良くするよりも、科学技術で人々の生活の困難を取り除きたい」こうした任氏の思いから、2年間のリサーチと開発を経て、任氏が率いるチームはスマート手ぶれ補正スプーンを自主開発した。このスプーンはセンサーにより運動中の姿勢を捕捉する装置で、実際には小型のロボットとなる。パーキンソン病患者の手がどれほど震えようとも、スプーン内の高速サーボ制御システムがリアルタイムで補正する。スプーンは常に水平方向になり、患者の正常な食事を補助する。またセンサーが記録したデータは臨床で用いられるほか、医師は投薬前後の腕の量的反応データを目にすることができる。任氏の目標は、自力の食事と歩行という2つの基礎的な身体機能を切り口とし、パーキンソン病や振顫の患者に生活を取り戻す自信をつけてもらうことだという。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

2017/3/23更新
「徴税と公益的寄付」

日中交流の過去・現在・未来

2017/3/14更新
「春の日の友情」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/3/28更新
「建窯」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,335,160