お茶を淹れるお湯の温度は85度が最適

2017年 4月12日

 中国では「お湯をたくさん飲むように」というのはしばしば言われることだが、体にとって最も適した水温とは何度くらいだろうか。研究によると、緑茶の重要な生物活性物質の一つであるカテキンが最も引き出される水温は80度前後だという。また、緑茶のカフェインは苦みの元となる物質で、それが最も引き出される水温は88度ほど。そのため85度のお湯でお茶を淹れることで、カテキンを多く引き出し、カフェインが溶け出す量を抑えることができる。またこれにより茶葉の色を最も美しく出すことができ、その味も爽やかで甘みのある味になる。85度のお湯は茶葉を素早く広げ、香りを引き出すことを可能にする。人民網が伝えた。
 また白湯は血液の循環を促し、心血管疾患を防止する働きがある。白湯を飲む場合は、通常35−40度が適切で、はちみつ湯などの場合は、水温55度がはちみつを溶かしやすく、しかも栄養価を最大限に保つことができるという。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

2017/3/23更新
「徴税と公益的寄付」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/3/28更新
「建窯」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,335,160