フレッシュフルーツを多く摂取することで、糖尿病のリスクダウン

2017年 4月14日

 統計データによると、中国人のフレッシュフルーツの摂取量は、米国などの先進国の人々を大きく下回っている。11日に発表された新たな研究では、中国人にフレッシュフルーツを多めに摂取するよう提案している。なぜなら糖尿病の罹患率や関連合併症のリスクを下げることにつながるからだ。新華社が伝えた。
 この研究は米国の医学誌に掲載された。オックスフォード大学と北京大学、中国医学科学院の研究者が協力して進められた。この研究におけるフレッシュフルーツとは、リンゴ、ミカン、ナシといった加工がされていない果物を指す。
 研究者は中国の10ヶ所の地域で、35−74歳の成人50万人以上を対象に、アンケート調査と身体検査を行いデータを収集した。また入院中の記録や通常死報告システムを通じ、被験者の健康状況を把握した。
 7年間の追跡調査で、新規の糖尿病発症を1万人確認した。また調査に参加した当初からすでに糖尿病だった3万人以上の被験者のうち、1万人以上が併発症を起こし、3400人弱が死亡した。
 研究者はこれらの疾患の発生リスク、フレッシュフルーツの摂取量の関連性を詳細に分析した。その結果、フレッシュフルーツをまったく食べない、もしくはほとんど食べない人と比べ、毎日食べる人は7年間の追跡調査中で新たに糖尿病にかかる確率が12%低かった。調査中すでに糖尿病にかかっていた患者の場合、フレッシュフルーツを摂取することで健康が大幅に改善された。毎日100グラムを摂取することで、糖尿病患者全体の死亡率を17%下げ、虚血性心疾患や中風などの大血管の併発症にかかる確率を13%下げることができる。糖尿病腎症、糖尿病網膜症などの小血管の併発症にかかる確率は28%低かった。
 研究者は、フレッシュフルーツにより糖尿病や併発症のリスクが下がる原因を突き止めるまで至っていないが、これは果物の抗酸化物質と関連しているのではと推測している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

New

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

2017/2/16更新
「新社会階層」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

2017/3/23更新
「徴税と公益的寄付」

日中交流の過去・現在・未来

New

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/4/14更新
「長崎県と福建省 古い媽祖像から「境界人ノ世界」を想う」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,390,660