清華大学教授、円明園をデジタル技術で60%復元

2017年 4月19日

 専門家80人以上が、遺産保護のため、15年間を費やしてきた。1万点以上の歴史資料、4000枚の復元設計図、2000点のデジタル建築模型、6つの時代における120組の時空ユニットを用いて、円明園という「万園の園」が310年の時を越えて、再び人々の前に姿を現した。人民日報が伝えた。
 清華大学建築学院の郭黛姮教授が率いるチームは記者会見で、デジタル円明園の研究及び応用プロジェクトの成果を紹介した。建築家・梁思成の学生である郭氏とそのチームは、厳密で正確なデジタル化建造を利用し、15年の月日をかけて円明園の本来の姿を復元した。復元エリアは全体の60%に達する。
 円明園のデジタル化復元で、1ヶ所を復元するには10以上の手順を踏まえる必要がある。まず、遺跡の情報を正確に収集し、記録する。その後、文献・資料を精読し、建造技術を分析し、さらに残された部分をCGで組み合わせるといった手順となる。その際、新たな発見もある。例えばチームは西洋楼エリアを研究中に、円明園倉庫の残存する瑠璃製の飾りから、西洋楼エリアの「中国・西洋融合」という新たな特徴を発見した。
円明園デジタル化復元の研究により、郭氏のチームは円明園の研究を平面から立体へと展開した。チームは各エリアの各スケールの関係、園林空間の連続性、エリア間の対照と呼応の関係を明らかにし、円明園を静止二次元図から三次元時空に拡大した。郭氏はこのような復元を、円明園の一種の再生であるとし、「遺産保護と遺産復元の食い違いを解消し、人々の需要と知識欲を満たすことができる」と話した。
 チームは「仮想現実」の円明園モバイルガイドシステム(Android版とiOS版)、円明園バーチャル遊覧システムを開発した。また大量のデータが含まれる、測位・ナビ・音声解説などを一体化した円明園モバイルガイド製品、高画質没入型体験製品を開発した。チームが開発した「拡張現実」iPadガイドは、遺跡の現状と復元図を同じ画面で重ね、比較対照し、さらに360度の景色を眺めることができる。この技術は、技術発明特許を取得している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

New

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

New

2017/4/18更新
「裁判官による裁量」

日中交流の過去・現在・未来

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

New

2017/4/14更新
「長崎県と福建省 古い媽祖像から「境界人ノ世界」を想う」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,500,516