チベット高原、古代は温かく湿った気候か

2017年 4月20日

 チベット高原は「世界の屋根」と呼ばれるが、いかにして今日の高さと規模を形成したのか、その隆起によりチベットの環境がどのように変化したのかといった問題をめぐる、科学者の意見は一致していない。中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の呉飛翔氏のチームは、このほど科学誌「Scientific Reports」に論文を掲載した。その中で特定の魚の化石とそれに伴う植物の化石の研究により、チベット高原中部が今から約2600−2400万年前に、温かく湿度の高い低地だったと推測している。光明日報が伝えた。
 呉氏と同僚は標高5000メートル弱のチベット高原中部の、倫坡拉及び尼瑪盆地の漸新世後期(今から約2600−2400万年前)の地層から、保存状態の良好なキノボリウオの化石を発見し、「Eoanabasthibetana」と命名した。興味深いことに、研究者はその化石を観察し、現代のキノボリウオに似た特徴を発見した。キノボリウオは今日、主に南アジア・東南アジア、アフリカ中西部の熱帯地区の川・湖の畔、もしくは沼や池など水質が悪く、酸素欠乏状態の水の中に分布している。呉氏は「Eoanabasthibetanaは温かく湿った環境で暮らしていた可能性が高い。このことからチベット高原奥地の当時の環境は、今日の南アジア・東南アジアの一部地域の環境に近かった可能性がある」と推測している。


※掲載された記事、写真の無断転載を禁じます

さくらサイエンスプランウェブサイト

さくらサイエンスプランウェブサイト

 

日中大学フェア&フォーラムin CHINA 2017

 

中国関連ニュース 関連リンク

柯隆が読み解く

2017/4/11更新
「中国型市場経済の壁」

富坂聰が斬る!

New

2017/4/18更新
「米中の摩擦」

和中清の日中論壇

2017/2/16更新
「中国経済の変化と逆行する日本の中国離れ(その2)」

田中修の中国経済分析

2017/4/4更新
「2017年政府活動報告のポイント策」

服部健治の追跡!中国動向

2016/12/12更新
「中国企業家の性格と行動様式」

川島真の歴史と現在

2016/10/25更新
「民国史研究の苦渋」

露口洋介の金融から見る中国経済

2017/3/22更新
「人民元為替レートは安定」

青樹明子の中国ヒューマンウォッチ

2017/3/7更新
「我が家に二人目がやって来た!」

科学技術トピック

2017/3/31更新
最新テーマ: 環境技術

取材リポート

2017/4/5更新
「中国からの留学生10万人弱に ベトナムの伸び目立つ」

中国の法律事情

New

2017/4/18更新
「裁判官による裁量」

日中交流の過去・現在・未来

2017/4/12更新
科学者・栗原博:「彼はなぜこれほど中国を愛するようになったか」

日中の教育最前線

2017/1/25更新
「中国の「創新創業教育改革」について―当事者に聴く中国教育事情」

中国国家重点大学一覧

New

2017/3/23
「中国の主要800大学」

文化の交差点

2017/4/14更新
「長崎県と福建省 古い媽祖像から「境界人ノ世界」を想う」

中国実感

2017/3/6更新
「実務と忍耐が生んだ「残存者利益」―杭州のある日系紡績加工企業の模索」

CRCC研究会

New

過去の講演資料・レポート

CRCC中国研究サロン

New

過去の講演資料・レポート

アクセス数:50,528,330